アレルギー性気管支炎の症状や原因、対策方法について解説|猫の病気・症状一覧

猫の育て方

「猫の様子がいつもと違う気がする。」

「猫の呼吸が浅く速いため普段より気になるから心配だ。」

あなたは今、そうお考えではありませんか。

猫の様子がいつもと違って気になっている方や、猫の病気について知りたい方に向けての記事になります。

猫と暮らす上で知っておきたい猫の病気について、現役の猫の下僕が解説していくよ!!

今回は、猫のアレルギー性気管支炎の症状や原因、対策方法についてまとめました。

猫のアレルギー性気管支炎の症状


猫のアレルギー性気管支炎は、ウイルスや細菌の感染、および感染後の二次感染などを原因として気管や気管支が炎症を起こす病気で、特に空気が乾燥している冬場に流行が見られます。

猫の気管支炎の多くは、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)などが原因と言われています。

猫のアレルギー性気管支炎の時の症状一例

咳が主な症状で、他には呼吸が荒い(呼吸が苦しそう)、皮膚や粘膜が青白い(チアノーゼ)場合もあります。

咳は、猫の嘔吐時の仕草に似ているため、吐き気を催しているのではないかと飼い主さんが勘違いすることがあります。

気管支炎から肺炎が引き起こされると、さらに呼吸が荒くなったり食欲が低下することもあります。

上記の症状が見られる時に考えられる原因や対策を解説していきます。

その前に、まずは猫と暮らしている方には知っておいて欲しい猫の気管支炎について解説します。

猫のアレルギー性気管支炎について

猫のアレルギー性気管支炎は、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)などが原因の病気です。

人間と同じように猫の体質によってアレルギー刺激が起こる物質が異なるので、室内でホコリが舞っていなくても、芳香剤やタバコの煙などでもアレルギー性気管支炎を患う可能性もあります。

猫のアレルギー性気管支炎の原因


猫のアレルギー性気管支炎は、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)などが原因の病気です。

猫のアレルギー性気管支炎の種類や原因は、主に以下の原因が挙げられます。

ほこりや花粉、薬物、食べ物などによるアレルギー刺激や、他の有害な刺激

猫のアレルギー性気管支炎は、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)などが原因と言われています。

ほこりや花粉、薬物、食べ物などによるアレルギー刺激や、他の有害な刺激などのアレルゲンが気道粘膜を刺激することで、炎症を引き起こしたり、気管支を収縮させたり気道を狭めたりなどの症状が起きる病気です。

気管支炎は、しつこい咳や荒い呼吸を見せますので、異変を感じたら早めにかかりつけの動物病院を受診しましょう。

猫のアレルギー性気管支炎の予防方法


アレルギー性気管支炎の原因となるアレルゲンや他の刺激物質(冷たい空気や排気ガス、煙草の煙、芳香剤、ほこりなど)とできるだけ接触しないことが重要です。

また、気管支炎の原因となる呼吸器疾患により喘息を起こしやすくなることがあるため、ヘルペスウイルスによる「ウイルス性鼻気管炎」やカリシウイルスによる「カリシウイルス感染症」などはワクチンで予防が可能です。

これらふたつのウイルスはワクチンで予防ができるので、ワクチンの接種をおすすめします。

また、猫を外へ出さずに完全室内飼育にすることや感染した猫との接触を避けることで感染は防ぐことができます。

また、異物を飲み込まないように、危険なものを猫の手の届くところに置かないようにしたり、外への放飼いは控えましょう。

猫のアレルギー性気管支炎の治療方法

投薬

気管支拡張剤やステロイド剤、抗炎症剤を投与するなど原因により使用される薬が異なります。

ネブライザーと呼ばれる吸入器を使用して、霧状になった液体薬を吸入する治療を行うこともあります。

猫にはなるべく静かで暖かい部屋で安静にさせてあげる必要があります。

【関連記事】愛猫家がおすすめする猫のペット保険人気8選【2021年最新版】

愛猫家がおすすめする猫のペット保険人気8選【2021年最新版】はこちらから↓

猫のペット保険人気8選【2021年最新版】愛猫家のおすすめは?
「初めて猫を飼うけど、ペット保険はどれを選べば良いかわからない。」 「猫を飼っているけど、愛猫家おすすめの保険が知りたい。」 あなたは今、そうお考えではありませ...

ペット保険の一括見積もりサイトはこちらから↓↓

ペット保険の一括見積もりサイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました