骨軟骨形成異常の症状や原因、対策方法について解説|猫の病気・症状一覧

猫の育て方

「猫の様子がいつもと違う気がする。」

「猫の四肢の腫れが気になるから心配だ。」

あなたは今、そうお考えではありませんか。

猫の様子がいつもと違って気になっている方や、猫の病気について知りたい方に向けての記事になります。

猫と暮らす上で知っておきたい猫の病気について、現役の猫の下僕が解説していくよ!!

今回は、猫の骨軟骨形成異常の症状や原因、対策方法についてまとめました。

猫の骨軟骨形成異常の症状


猫の骨軟骨形成異常は、遺伝性の骨関節異常のことで、成長段階で関節軟骨の構造に異常が起こ流ことで関節と関節の間にある軟骨が骨のように硬くなって固定されてしまい慢性的な関節炎になる病気です。

この病気は、品種改良によって軟骨の変化を特徴とした(足が短い、耳が湾曲、鼻が短いなど)品種(マンチカン、スコティッシュフォールド、アメリカンカール、ヒマラヤン、ペルシャなど)に多いと言われています。

猫の骨軟骨形成異常の症状一例

四肢の腫れが主な症状で、変な歩き方をする、ジャンプをしなくなることもあります。

上記の症状が見られる時に考えられる原因や対策を解説していきます。

その前に、まずは猫と暮らしている方には知っておいて欲しい猫の骨軟骨形成異常について解説します。

猫の骨軟骨形成異常について

猫の骨軟骨形成異常は、遺伝性の骨関節異常のことで、成長段階で関節軟骨の構造に異常が起こ流ことで関節と関節の間にある軟骨が骨のように硬くなって固定されてしまい慢性的な関節炎になる病気です。

この病気は、品種改良によって軟骨の変化を特徴とした(足が短い、耳が湾曲、鼻が短いなど)品種(マンチカン、スコティッシュフォールド、アメリカンカール、ヒマラヤン、ペルシャなど)に多いと言われています。

猫の骨軟骨形成異常の原因


猫の骨軟骨形成異常は、遺伝性の骨関節異常が原因の病気です。

マンチカン、スコティッシュフォールド、アメリカンカール、ヒマラヤン、ペルシャなどの足が短い、耳の湾曲、鼻が短いなどの特徴を遺伝的に受け継いだ品種に多いと言われています。

猫の骨軟骨形成異常の予防方法


猫の骨軟骨形成異常は、遺伝的疾患なので、決定的な予防法はありません。

上記の品種に当てはまる子と暮らしている場合には、激しい運動を控え、室内の段差を少なくし、滑らないよう、フローリングなどで足にかかる負担を減らす環境を整えることが重要です。

あとは猫が症状を訴えていないか良く観察をして、症状が現れた場合は早めにかかりつけの動物病院を受診しましょう。

骨軟骨形成異常が出やすい猫種・品種を飼っていると暮らしている場合は、定期的に健康診断に行くなどして、早期発見に努めましょう。

猫の骨軟骨形成異常の治療方法


骨軟骨形成異常の治療方法はまだないのが現状です。

骨の変化を治すような決定的な治療法はなく、主に関節炎の緩和などの対症療法が行われます。

痛みがある場合は痛み止めや放射線を使用して痛みと炎症を緩和します。

【関連記事】愛猫家がおすすめする猫のペット保険人気8選【2021年最新版】

愛猫家がおすすめする猫のペット保険人気8選【2021年最新版】はこちらから↓

猫のペット保険人気8選【2021年最新版】愛猫家のおすすめは?
「初めて猫を飼うけど、ペット保険はどれを選べば良いかわからない。」 「猫を飼っているけど、愛猫家おすすめの保険が知りたい。」 あなたは今、そうお考えではありませ...

ペット保険の一括見積もりサイトはこちらから↓↓

ペット保険の一括見積もりサイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました