胸水の症状や原因、対策方法について解説|猫の病気・症状一覧

猫の育て方

「猫の様子がいつもと違う気がする。」

「猫の呼吸が浅く速いため普段より気になるから心配だ。」

あなたは今、そうお考えではありませんか。

猫の様子がいつもと違って気になっている方や、猫の病気について知りたい方に向けての記事になります。

猫と暮らす上で知っておきたい猫の病気について、現役の猫の下僕が解説していくよ!!

今回は、猫の胸水の症状や原因、対策方法についてまとめました。

猫の胸水の症状


胸水は、肺が入っている胸腔内に何らかの液体が溜まり、肺が十分に拡張できずに呼吸を困難にさせる症状です。

胸水の原因は、ウイルスの感染や傷口からの細菌感染、肺葉捻転、腫瘍によるものなど、胸水の原因は様々と言われています。

猫の胸水の時の症状一例

咳が主な症状で、発熱、食欲不振も発症します。

進行すると呼吸が苦しくなる、早い呼吸をする、口を開けて呼吸をする場合もあります。

咳は、猫の嘔吐時の仕草に似ているため、吐き気を催しているのではないかと飼い主さんが勘違いすることがあります。

上記の症状が見られる時に考えられる原因や対策を解説していきます。

その前に、まずは猫と暮らしている方には知っておいて欲しい猫の胸水について解説します。

猫の胸水について

胸水は、肺が入っている胸腔内に何らかの液体が溜まり、肺が十分に拡張できずに呼吸を困難にさせる症状です。

胸水とは、肺や心臓を包んでいる空間=胸腔(きょうくう)という場所の、肺や心臓の外側にある液体のことを指します。

胸水は透明な液であることも多いですが、たまっている液体が膿であれば膿胸、血であれば血胸などと呼ばれます。

胸水はたまっている量が多いと、呼吸困難から死亡することもある危険な状態の場合もあります。

猫の胸水の原因


猫の胸水は、肺が入っている胸腔内に何らかの液体が溜まり、肺が十分に拡張できずに呼吸を困難にさせる症状です。

猫の胸水の種類や原因は多岐にわたり、主に以下の原因が挙げられます。

胸水の原因は、ウイルスの感染や傷口からの細菌感染、肺葉捻転、腫瘍によるものなど、胸水の原因は様々と言われています。

猫の胸水の予防方法


傷口からの細菌感染などを予防するには、猫を外へ出さずに完全室内飼育にすることや感染した猫との接触を避けることで感染は防ぐことができます。

しかし猫の胸水は、予防できない病気が原因になることも多いので、胸水がたまっていることを早めに発見することが何よりも大切になります。

異変を感じたら早めにかかりつけの動物病院を受診しましょう。

猫の胸水の治療方法

胸水を抜く

胸水がたまっているときは、その量や呼吸状態などによって、利尿剤を使用したり、胸水を抜いたりします。

胸水がたまっている量が多い場合では酸素吸入で呼吸状態を整え、針などで胸腔に穴を開けて胸腔内に溜まっている液体を排出させるといった手術をする場合もあります。

【関連記事】愛猫家がおすすめする猫のペット保険人気8選【2021年最新版】

愛猫家がおすすめする猫のペット保険人気8選【2021年最新版】はこちらから↓

猫のペット保険人気8選【2021年最新版】愛猫家のおすすめは?
「初めて猫を飼うけど、ペット保険はどれを選べば良いかわからない。」 「猫を飼っているけど、愛猫家おすすめの保険が知りたい。」 あなたは今、そうお考えではありませ...

ペット保険の一括見積もりサイトはこちらから↓↓

ペット保険の一括見積もりサイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました