猫の子宮ガン(子宮の腫瘍)の症状や原因、対策方法について解説|猫の病気・症状一覧

猫の育て方

「猫の様子がいつもと違う気がする。」

「猫のお腹が大きく張っていて心配だ。」

あなたは今、そうお考えではありませんか。

猫の様子がいつもと違って気になっている方や、猫の病気について知りたい方に向けての記事になります。

猫と暮らす上で知っておきたい猫の病気について、現役の猫の下僕が解説していくよ!!

今回は、猫の子宮ガン(子宮の腫瘍)の症状や原因、対策方法についてまとめました。

猫の子宮ガン(子宮の腫瘍)の症状

腫瘍は良性と悪性に分かれ、悪性腫瘍はがんと呼ばれます。

猫の子宮ガン(子宮の腫瘍)の発生率はそれほど高くありません。

子宮にできる腫瘍は、子宮腺がんなどといった悪性腫瘍の割合の方が多いといわれています。

下記の症状一例で詳しく紹介します。

猫の子宮ガン(子宮の腫瘍)の時の症状一例

よくみられる症状として、お腹が大きくなる・張り、お腹のしこり、陰部からの出血、おりものの増量、おりものが止まらない、嘔吐、よく水を飲み尿量が多い、食欲がない、元気がなく寝ている時間が多いなどの場合があります。

猫の子宮ガン(子宮の腫瘍)について

腫瘍ができた初期の状態では、猫の体調に大きな変化が見られないのでほとんど気がつかない飼い主さんが多いと言われています。

飼い主が異変に気がついて病院に連れてきた時には既に進行しているという事も多いので、定期健診にきちんと通い、早期発見を心がけることが重要です。

猫の子宮ガン(子宮の腫瘍)の原因


子宮ガン(子宮の腫瘍)の原因はわからないと言われています

猫の子宮ガン(子宮の腫瘍)の予防方法


若いうちに避妊手術を受けることで、猫の子宮ガン(子宮の腫瘍)は予防できると言われています。

猫の避妊手術にかかる費用は?避妊のタイミングやメリットデメリットを解説
「猫の避妊手術はいつ受ければいいのかわからない。」 「猫の避妊手術の費用がいくらくらいかかるのかわからない。」 「猫を飼っているけど、避妊手...

猫の子宮ガン(子宮の腫瘍)の治療方法


子宮腫瘍の基本的な治療は、外科手術で卵巣子宮摘出術です。

術後、または手術ができない症例の補助的治療として、化学療法や放射線療法を行う病院もあります。

ただ、子宮癌は転移が見られることも多く、注意して経過を観察することが必要です。

【関連記事】愛猫家がおすすめする猫のペット保険人気8選【2021年最新版】

愛猫家がおすすめする猫のペット保険人気8選【2021年最新版】はこちらから↓

猫のペット保険人気8選【2021年最新版】愛猫家のおすすめは?
「初めて猫を飼うけど、ペット保険はどれを選べば良いかわからない。」 「猫を飼っているけど、愛猫家おすすめの保険が知りたい。」 あなたは今、そうお考えではありませ...

ペット保険の一括見積もりサイトはこちらから↓↓

ペット保険の一括見積もりサイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました