猫の椎間板ヘルニアの症状や原因、対策方法について解説|猫の病気・症状一覧

猫の育て方

「猫の様子がいつもと違う気がする。」

「猫が歩く時にちょっとふらついたり、抱っこした時や触った時に痛がるから心配だ。」

あなたは今、そうお考えではありませんか。

猫の様子がいつもと違って気になっている方や、猫の病気について知りたい方に向けての記事になります。

猫と暮らす上で知っておきたい猫の病気について、現役の猫の下僕が解説していくよ!!

今回は、猫の椎間板ヘルニアの症状や原因、対策方法についてまとめました。

猫の椎間板ヘルニアの症状


猫の椎間板ヘルニアは、肥満などが原因の病気です。

猫の椎間板ヘルニアは、肥満になると背骨に負担がかかるとともに椎間板にも負担がかかることが原因と言われています。

また、外に出歩いている猫の場合はリスクが上昇します。

交通事故、高いところからの落下事故、どこかに強くぶつけてしまうといった衝撃が原因でヘルニアになることもあります。

猫の椎間板ヘルニアの時の症状一例

歩く時にちょっとふらついたり、抱っこした時や触った時に痛がるような仕草を見せる場合もあります。

上記の症状が見られる時に考えられる原因や対策を解説していきます。

その前に、まずは猫と暮らしている方には知っておいて欲しい猫の椎間板ヘルニアについて解説します。

猫の椎間板ヘルニアについて

猫の椎間板ヘルニアは、肥満、猫種、交通事故、高いところからの落下事故、どこかに強くぶつけてしまうといった衝撃が原因の病気です。

猫の椎間板ヘルニアは、肥満になると背骨に負担がかかるとともに椎間板にも負担がかかることが原因と言われています。

猫の椎間板ヘルニアの原因


猫の椎間板ヘルニアは、肥満になると背骨に負担がかかるとともに椎間板にも負担がかかることが原因の病気です。

猫の椎間板ヘルニアの原因は、主に以下の原因が挙げられます。

ヘルニアは早く治療を行うことで悪化を防ぐことが出来るので、異変を感じたら早めにかかりつけの動物病院を受診しましょう。

肥満

猫の椎間板ヘルニアは、肥満になると背骨に負担がかかるとともに椎間板にも負担がかかることが原因の病気です。

高齢、病気持ち

高齢の猫やクル病などの猫はヘルニアになることがあると言われています。

マンチカン、メインクーン

マンチカンのように、胴長で足が短い猫種の場合、胴への負担が大きくなり、ヘルニアになる確率が高くなると言われています。

また、メインクーンのような体重の重い大型の猫も発症しやすいといわれています。

猫の椎間板ヘルニアの予防方法


肥満が原因の椎間板ヘルニアの場合には、猫を肥満にさせないことが1番の予防策と言えます。

猫の適切な食事管理と運動で、猫が肥満にならないよう心がけてください。

また、猫を外へ出さずに完全室内飼育にすることで交通事故、高いところからの落下事故、どこかに強くぶつけてしまうといった衝撃が原因でヘルニアになることを防げる場合もあります。

マンチカン、メインクーンのような椎間板ヘルニアを発症しやすい猫種と暮らしている方は、高い所からの飛び降りを防ぐために、キャットタワーの高さを調整したり、定期的に健康診断を受けて、予防をしましょう。

猫の椎間板ヘルニアの治療方法


軽症の椎間板ヘルニアであれば、抗炎症剤などを使って痛みや炎症を抑えられることもあります。

症状が重くなると外科手術を行う場合もあります。

【関連記事】愛猫家がおすすめする猫のペット保険人気8選【2021年最新版】

愛猫家がおすすめする猫のペット保険人気8選【2021年最新版】はこちらから↓

猫のペット保険人気8選【2021年最新版】愛猫家のおすすめは?
「初めて猫を飼うけど、ペット保険はどれを選べば良いかわからない。」 「猫を飼っているけど、愛猫家おすすめの保険が知りたい。」 あなたは今、そうお考えではありませ...

ペット保険の一括見積もりサイトはこちらから↓↓

ペット保険の一括見積もりサイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました