緑内障の症状や原因、対策方法について解説|猫の病気・症状一覧

猫の育て方

「猫の様子がいつもと違う気がする。」

「猫が目を痛そうにしているから心配だ。」

あなたは今、そうお考えではありませんか。

猫の様子がいつもと違って気になっている方や、猫の病気について知りたい方に向けての記事になります。

猫と暮らす上で知っておきたい猫の病気について、現役の猫の下僕が解説していくよ!!

今回は、猫の緑内障の症状や原因、対策方法についてまとめました。

猫の緑内障の症状

猫の緑内障の時の症状一例

目が大きく見える、目を痛そうにしばしばさせる、充血している場合も注意が必要です。

上記の症状が見られる時に考えられる原因や対策を解説していきます。

その前に、まずは猫と暮らしている方には知っておいて欲しい猫の白内障について解説します。

猫の緑内障について

猫の緑内障は、眼の眼圧が高くなり、視覚障害を起こす病気です。

眼圧は、「眼房水」という分泌物が常に分泌と流出を繰り返し一定の量を保っているため、眼圧が一定に保たれています。

この眼房水の量が何らかの原因でうまく循環できなくなると、眼房水が溜まり眼圧が上がります。

眼房水が多くなる原因は、産みだす量の増加より流出量の低下が一般的です。

流出量の低下は、遺伝的な要因によって流出する場所が閉塞していたり、ぶどう膜炎などの眼の病気から続発したりして起こります。

猫の場合、遺伝的な要因での緑内障は少なく、目の病気から続発して起こることが多いです。

猫の緑内障の原因


緑内障が起きる主な原因として多く挙げられるのは、急性緑内障と慢性緑内障に分けられます。

原発性緑内障

遺伝的な要因で目の構造に異常があり、眼房水が正常量を超えて貯留することで発生しますが、猫ではほとんどみられません。

続発性緑内障

眼圧が上昇してしまう目の病気の影響で緑内障を発症します。

ぶどう膜炎などの眼の病気から続発したりして起こることが多いです。

ほかにも、眼内腫瘍、外傷、高血圧による眼内出血なども原因として挙げられます。

猫の緑内障の予防方法


猫の緑内障の予防方法として、完全に予防することは難しいですが、発生のリスクを減らすことと、進行性の病気のため早期発見することによって進行を遅らせることもできます。

予防策としては、猫同士のケンカによる攻撃によって受けた目の外傷によっても緑内障になることがあるので、完全室内飼いにして外の猫と喧嘩することを防ぐことで、予防になります。

完全室内飼いをしていても、多頭飼いしている場合には、猫達がじゃれあって誤って爪で目を攻撃してしまうことがあるので注意が必要です。

ぶどう膜炎などの他の目の炎症から緑内障が起きることもあるので、瞳孔が白く濁っている以外でも、目やにや充血・涙が止まらないなど、普段と違う様子のときには、早めに病院を受診しましょう。

緑内障は、早期発見・早期治療が重要です。

症状欄に記載したような症状が現れた場合は、早めに病院を受診しましょう。

猫の緑内障の治療方法

内科治療

緑内障の治療方法として、視力低下や目の痛みを改善するために目の眼圧を下げることを目的に治療します。

目の眼圧を下げるために、経口薬を用いる場合もあります。

早く気づければ早いほど、早期発見・治療が可能になりますので、少しでも気になることがあれば病院を受診することをお勧めします。

外科治療

手術内容としては、眼房水を注射針で抜いたり、既に失明してしまった場合は眼圧上昇の痛みを避けるため、義眼を挿入する手術を行う場合もあります。

術後はエリザベスカラーを装着して頻繁に目薬を注すことが必要になるため、それが許される猫さんかどうかも術前に検討する必要があります。

【関連記事】愛猫家がおすすめする猫のペット保険人気8選【2021年最新版】

愛猫家がおすすめする猫のペット保険人気8選【2021年最新版】はこちらから↓

猫のペット保険人気8選【2021年最新版】愛猫家のおすすめは?
「初めて猫を飼うけど、ペット保険はどれを選べば良いかわからない。」 「猫を飼っているけど、愛猫家おすすめの保険が知りたい。」 あなたは今、そうお考えではありませ...

ペット保険の一括見積もりサイトはこちらから↓↓

ペット保険の一括見積もりサイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました