猫と暮らす上で欠かせないキャットタワーの選び方を解説|キャットタワーは必要?

猫の育て方

「初めて猫を飼うけど、キャットタワーはどれを選べば良いかわからない。」

「猫を飼っているけど、自分の愛猫にぴったりのキャットタワーが知りたい。」

あなたは今、そうお考えではありませんか。

猫のキャットタワーはどんなものを選べば良いのかがわからない方や自分の愛猫にぴったりのキャットタワーが知りたい方に向けての記事になります。

猫と暮らす上で欠かせないキャットタワーについて、現役の猫の下僕が解説していくよ!!

今回は、猫と暮らす上で欠かせないキャットタワーの選び方をまとめました。

猫にキャットタワーが必要な理由


猫にキャットタワーが必要な理由は、猫は本能的に高いところが大好きだからと言われています。

そもそも猫の祖先は木のうえで生活していたとも言われているので、高いところに登ると本能的に安心するようです。

また、室内外のねこの場合、運動不足にどうしてもなりがちです。

猫が限られたスペースの中で運動不足にならないためにも、上下運動ができるようキャットタワーやキャットウォークを用意してあげましょう。

お家に高低差のあるキャットタワーやキャットウォークがあることで猫たちが暮らしやすかったり、寛げるポイントが増えるなどの目的もあります。

ここからは、キャットタワーのタイプ別の種類、メリットデメリット、選び方、おすすめのキャットタワーを紹介していきますので是非参考にしてみてくださいね。

キャットタワーの種類

キャットタワーには、大きく分けると据え置きタイプと突っ張りタイプの2種類があります。

それぞれ詳しく解説していきます。

据え置きタイプ

据え置きタイプのキャットタワーは、設置が比較的簡単にできます。

特に、体重が比較的重い大型の猫を飼っている方や老猫、子猫、障がいを持っている猫を飼っている方におすすめです。

据え置きタイプのメリットとデメリットを下記にまとめておきます。

メリット

  • 気軽に設置場所を変えられる
  • 体重が比較的重い大型の猫でも安心
  • 老猫、子猫、障がいを持っている猫にも使いやすい構造が多い

デメリット

  • タワーを安定させるために床面積が広めに必要
  • タワーを安定させるために重めの作りになっている

突っ張りタイプ

突っ張りタイプのキャットタワーは、天井にまで届く柱で突っ張ることで、高いところまで登れるような構造になっています。

床と天井で支えるので、据え置き型より安定しやすく、必要なスペースも省スペースで収まります。

特に、体重が軽い子型の猫を飼っている方多頭飼いしている方、運動がたくさん必要な猫種を飼っている方におすすめです。

突っ張りタイプのメリットとデメリットを下記にまとめておきます。

メリット

  • 高いところまで登れるような設計
  • 必要なスペースが省スペースで済む
  • 体重が軽い子型の猫を飼っている方多頭飼いしている方、運動がたくさん必要な猫種を飼っている方におすすめ

デメリット

  • 定期的につっぱり棒の突っ張りを調整する必要がある
  • 移動する際にはタワーを解体する必要がある
  • 気軽に設置場所を変えにくい

キャットタワーの選び方


では実際にキャットタワーを選ぶ上で、何が大切なのでしょう。

今回は、タワーのタイプとねこの特徴からキャットタワーを選ぶ方法をお伝えします。

タワーのタイプから選ぶ

上記で解説したように、キャットタワーには、大きく分けると据え置きタイプと突っ張りタイプの2種類があります。

据え置きタイプのキャットタワーは、設置が比較的簡単にできます。

突っ張りタイプのキャットタワーは、天井にまで届く柱で突っ張ることで、高いところまで登れるような構造になっています。

また、床と天井で支えるので、据え置き型より安定しやすく、必要なスペースも省スペースで収まります。

また、2つのタイプのそれぞれのメリット・デメリットからも選ぶこともできますのでぜひ参考にしてみてください。

ねこの特徴から選ぶ

キャットタワーは、猫の年齢や猫種で選ぶこともできます。

据え置きタイプは、設置面が広く、タワーが安定するため、体重が比較的重い大型の猫を飼っている方や老猫、子猫、障がいを持っている猫を飼っている方におすすめです。

突っ張りタイプは、床と天井でタワーを支えているので、高いところまで登れるような設計になっているので、体重が軽い子型の猫を飼っている方多頭飼いしている方、運動がたくさん必要な猫種を飼っている方におすすめです。

愛猫家が選ぶおすすめのキャットタワー

おすすめのキャットタワー紹介は現在執筆中です。

キャットタワーの種類、キャットタワーの選び方のまとめ

キャットタワーの種類、キャットタワーの選び方については以下のまとめを参考にしてください。

  • キャットタワーには、大きく分けると据え置きタイプ突っ張りタイプの2種類がある。
  • 据え置きタイプは、設置が比較的簡単にでき、体重が比較的重い大型の猫を飼っている方や老猫、子猫、障がいを持っている猫を飼っている方におすすめ。
  • 据え置きタイプのデメリットは、安定させるために床面積が広めに必要なのと安定させるために重めの作りになっていること。
  • 突っ張りタイプは、天井にまで届く柱で突っ張ることで、高いところまで登れるような構造。必要なスペースも省スペースで収まり、特に、体重が軽い子型の猫を飼っている方多頭飼いしている方、運動がたくさん必要な猫種を飼っている方におすすめ。
  • 突っ張りタイプのデメリットは、定期的につっぱり棒の突っ張りを調整する必要があることと、移動する際にはタワーを解体する必要があること

コメント

タイトルとURLをコピーしました