ミオキャットフードの評判、口コミを調査!原材料と成分や安全度も解説

キャットフード

ペットショップやスーパーなどで見かけることの多い「ミオキャットフード」は国産メーカーが製造している知名度があるキャットフードです。

「ミオキャットフード」は日本ペットフード株式会社という会社が製造・販売しています。

他にも、日本ペットフード株式会社が製造・販売をしているフードに、ビューティプロキャットフード・コンボキャットフード・ラシーネキャットフードなどがあります。

コンボキャットフードの評判、口コミを調査!原材料と成分や安全度も解説
ペットショップやスーパーなどで見かけることの多い「コンボキャットフード」は国産メーカーが製造している知名度があるキャットフードです。 「コンボキャットフード」は日本ペットフード株式会社という会社が製造・販売しています。 他にも、...
コンボプレゼントキャットフードの評判、口コミを調査!原材料と成分や安全度も解説
ペットショップやスーパーなどで見かけることの多い「コンボキャットフード」は国産メーカーが製造している知名度があるキャットフードです。 「コンボキャットフード」は日本ペットフード株式会社という会社が製造・販売しています。 他にも、...
ミオキャットフードの評判、口コミを調査!原材料と成分や安全度も解説
ペットショップやスーパーなどで見かけることの多い「ミオキャットフード」は国産メーカーが製造している知名度があるキャットフードです。 「ミオキャットフード」は日本ペットフード株式会社という会社が製造・販売しています。 他にも、日本...
ビューティプロキャットフードの評判、口コミを調査!原材料と成分や安全度も解説
ペットショップやスーパーなどで見かけることの多い「ビューティプロキャットフード」は国産メーカーが製造している知名度があるキャットフードです。 「ビューティプロキャットフード」は日本ペットフード株式会社という会社が製造・販売しています。...
ラシーネキャットフードの評判、口コミを調査!原材料と成分や安全度も解説
ペットショップやスーパーなどで見かけることの多い「ラシーネキャットフード」は国産メーカーが製造している知名度があるキャットフードです。 「ラシーネキャットフード」は日本ペットフード株式会社という会社が製造・販売しています。 他に...

ミオキャットフードのどのフレーバーにも、カリッと歯磨き粒が含まれていて、噛んで歯垢を除去し、歯の健康と口臭のケアしてくれます。

こちらの記事では、ミオキャットフードについて知りたい方向けに、ラインナップや原材料情報、リアルな購入者の口コミなど、購入前に知りたい情報をまとめています。

ミオキャットフードが気になっている方は参考にしてみて下さいね。

まずは結論!ミオキャットフードの総合評価

商品名ミオ おいしくって毛玉対応 ミックス味
総合評価4.2
原材料主原料:穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)、
肉類(チキンミール、牛肉粉、豚肉粉)、油脂類(動物性油脂、植物性油脂)、
魚介類(フィッシュパウダー(カツオブシ粉含む)、小魚粉末)
3.0
酸化防止剤:酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、
ミックストコフェロール
5.0
人工添加物:着色料(食用赤色102号、食用黄色5号、食用青色1号)
4.5
価格・内容量1,780円/2.7kg(税込み・Amazon参照)
原産国日本
対応年齢成猫用(1歳以上)
対応年齢の上限の記載はなし。
公式サイト日本ペットフード公式サイトより引用
※原材料欄の主原料、酸化防止剤、人工添加物の評価を全て合算して項目数で割った算出結果を表記。(少数第一位を四捨五入)
※減点方法
基本的に星5つの状態から減点方式として、原材料欄に気になる項目が1つあるごとに-0.5点とします。
例(主原料に穀物の使用、〇〇ミール、合成酸化防止剤、人工添加物の使用・・・-0.5点、)

購入はこちらから↓↓


猫用「ミオキャットフード」とは

みんな、おねだり「ミオ」。

ペットショップやスーパーなどで見かけることの多い「ミオキャットフード」は国産メーカーが製造している知名度があるキャットフードです。

どのフレーバーにも、カリッと歯磨き粒が含まれていて、噛んで歯垢を除去し、歯の健康と口臭のケアしてくれます。

こちらの記事では、ミオキャットフードについて知りたい方向けに、ラインナップや原材料情報、リアルな購入者の口コミなど、購入前に知りたい情報をまとめています。

ミオキャットフードが気になっている方は参考にしてみて下さいね。

「ミオキャットフード」のラインナップ

ミオキャットフードは、素材・年齢に合わせたフードの展開やフレーバーの選択肢が多く、幅広い猫に合ったフードを見つけることができます。

また、ドライフードもウェットフードも選択肢が多く、猫の好みに合わせて与えることもできますよ。

ドライフード

ミオドライミックス

  • ミオドライミックス 子ねこ用 お肉とお魚ミックス味
  • ミオドライミックス まぐろ味
  • ミオドライミックス かつお味
  • ミオドライミックス お肉とお魚ミックス味
  • ミオドライミックス 毛玉対応 かつお味
  • ミオドライミックス 毛玉対応 11歳以上かつお味

ミオ おいしくって毛玉対応

  • ミオ おいしくって毛玉対応 まぐろ味
  • ミオ おいしくって毛玉対応 かつお味
  • ミオ おいしくって毛玉対応 ミックス味
  • ミオ おとなのおいしくって毛玉対応 ミックス味

ミオ みんなおねだり

  • ミオ みんなおねだり お魚ミックス味/li>
  • ミオ みんなおねだり お肉ミックス味

ウェットフード

ミオ 厳選まぐろ白身

  • ミオ 厳選まぐろ白身 ゼリー仕立て
  • ミオ 厳選まぐろ白身 野菜 ゼリー仕立て
  • ミオ 厳選まぐろ白身 しらす ゼリー仕立て
  • ミオ 厳選まぐろ白身 野菜とチーズ入り だし仕立て
  • ミオ 厳選まぐろ白身 ささみとビーフ入り だし仕立て
  • ミオ 厳選まぐろ白身 しらすとカニカマ入り だし仕立て
  • ミオ 厳選まぐろ白身 11歳以上
  • ミオ 厳選まぐろ白身 15歳以上

ミオ デリレシピ

  • ミオ デリレシピ まぐろとささみ
  • ミオ デリレシピ まぐろとささみ 野菜入り
  • ミオ デリレシピ まぐろとささみ カニカマ入り
  • ミオ デリレシピ まぐろとささみ しらす入り

ミオ とろうま

  • ミオ とろうま かつおだし味
  • ミオ とろうま ほたてだし味
  • ミオ とろうま お魚チャウダー
  • ミオ とろうま 鮭チャウダー
  • ミオ とろうま クリーミーチキン
  • ミオ とろうま クリーミーチーズ味

ミオ ミルク・離乳食・哺乳器

  • ミオ 子猫のミルク
  • ミオ 子猫用哺乳器

「ミオキャットフード」の成分と原料


「ミオキャットフード」の成分と原料はどのような内容になっているのでしょうか?

例として、Amazonでレビュー数が多かった「ミオ おいしくって毛玉対応 ミックス味」の成分と原料について詳しく見ていきます。(※2020年8月末時点での情報です。)

原材料
穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)、肉類(チキンミール、牛肉粉、豚肉粉)、油脂類(動物性油脂、植物性油脂)、脱脂大豆、魚介類(フィッシュパウダー(カツオブシ粉含む)、小魚粉末)、オリゴ糖、クランベリーパウダー、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、銅、亜鉛、ヨウ素)、酵母細胞壁(食物繊維源)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン)、pH調整剤、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、コリン)、着色料(食用赤色102号、食用黄色5号、食用青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

引用:日本ペットフード公式サイトより引用

成分
たんぱく質25.0%以上、脂質8.5%以上、粗繊維4.5%以下、灰分9.0%以下、水分10.0%以下、カルシウム0.8%以上、リン0.7%以上、リノール酸0.9%以上、マグネシウム 標準値0.11%

引用:日本ペットフード公式サイトより引用

原材料と成分をチェック


ミオキャットフードは、フレーバーの選択肢が多いものの、メインの原材料が穀物となっているため、肉食動物である猫にとって好ましくないフードといえます。

さらに、肉類(チキンミール、牛肉粉、豚肉粉)や魚介類(フィッシュパウダー(カツオブシ粉含む)、小魚粉末)が使用されており、少し不安な点が多いと言えます。

また、合成着色料が使用されていることも不安要素と言えるでしょう。

他にも添加物等で気になる安全度をこの後解説していきます。

購入はこちらから↓↓


「ミオキャットフード」の安全度は?

穀物

原材料欄には穀類トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉の記載があるため、穀物が使用されたフードになっています。

穀物は猫にとって消化が悪い食材なので、穀物類の量が多いのは少し気になるところです。

また、猫には穀物アレルギーを持っている猫もいるので、そういった子にはグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを選びましょう。

コーングルテンミール

コーングルテンミールとはコーングルテンをさらに粉状(ミール)に加工したものです。

コーングルテンはトウモロコシからデンプン(コーンスターチ)を作るときにできる副産物のことです。

コーングルテンはトウモロコシに比べて、たんぱく質含量が高いのが特徴です。

肉類だけでは不足しがちな種類のアミノ酸を含んでいるため、それらを補うために使用されたりもします。

また、肉や魚などの原材料よりも安価に用意できるので、コストダウンにも使用されることがあります。

主原料に使用されている場合は注意が必要ですが、肉や魚、穀物を主原料としている上でコーングルテンミールが使用されている分には安心して猫に与えられるでしょう。

油分

他に気になる成分として、油脂類(動物性油脂)がありました。

表記的に良い脂肪分は「鶏脂、牛脂」など油脂の原材料の名前がしっかりと記載されているものは脂分の質が良いですが、動物性油脂としか記載されていないと、どんな動物の油を使っているのかわかりません。

油分の質によっては、猫の毛艶に影響したり皮膚病の原因にもなりますので注意が必要です。

酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

ローズマリー抽出物という酸化防止剤が使用されています。

ローズマリー抽出物は、日本では厚生労働省によって既存添加物として認可されています。

ローズマリー抽出物はIARC(国際がん研究機関)によって発がん性は確認されていません。

猫に対して長期的に与えた場合の安全性や危険性に関してはよくわかっていないのが現状です。

ミックストコフェロール

ミックストコフェロールは、ビタミンEのことで、植物性油脂から精製される天然の酸化防止剤に用いられます。

トコフェロールは日本では厚生労働省によって指定添加物として認可されており、IARC(国際がん研究機関)によって発がん性や遺伝毒性は確認されていません。

着色料(食用赤色102号、食用黄色5号、食用青色1号)

食用赤色102号、食用黄色5号、食用青色1号という合成着色料が使用されています。

着色料がなぜ使用されているのかというと、人間が美味しく見える為であり、犬や猫は色付きのフードを見ても嗜好性は上がりません。

つまり、人間が美味しそうだと思って愛犬や愛猫に買い与えるための購買意欲を向上させるためだけにフードに色付けされているので、本来不要な添加物となっています。

合成着色料の中には、発がん性物質が含まれているものもあり、ヒトに対する発がん性が否定されていないことから、猫にも同様のリスクがありますのでなるべく摂取しないことが望ましいでしょう。

「ミオキャットフード」の保管方法は?


キャットフードは開封後は品質劣化してしまうため、ひと月程度で食べ切れる量が好ましいでしょう。

特にドライキャットフードは、酸化すると匂いが薄くなり、嗅覚が敏感な猫にとっては美味しく感じられなくなり、フードを食べなくなる原因にもなります。

また、酸化すると苦味や酸味が強くなります。

特に苦味が強くなると猫はフードを食べなくなる場合が多いです。

猫用ドライフードは、開封後は品質劣化してしまうため、専用の保存容器や密閉容器に入れて保存するのがオススメです。

キャットフードの保管に関してのおすすめ記事はこちらから↓↓

キャットフードのドライフード・ウェットフード別に開封前・開封後の正しい保存方法を解説
「猫を飼っているけど、キャットフードの保管方法が分からない。」 「猫を飼っているけど、最近食いつきが悪くて困っている。」 あなたは今、そうお悩みではありませんか...

「ミオキャットフード」の口コミ・評判

良い口コミ

良い口コミ①

今までは、フリスキーの缶詰をあげたりホームセンターで買ったその他の缶詰や、いわゆる名前の知られてるカリカリを与えてました。コレを何となくAmazonで買ってあげたら、今までのカリカリとは食い付きが違って喉を鳴らして食べますね。これでもう3回目の購入ですが、容量も多くて長持ちするので今後も購入したいと思います。

食いつきが良いという口コミがありました。

コスパが良く、愛猫がモリモリご飯を食べてくれるのは飼い主さんも嬉しいポイントですね。

良い口コミ②

コストパフォーマンス良いです。
うちの猫はこれが一番好きです

コストパフォーマンスが良いという口コミがありました。

ミオキャットフードは、2.7kgで1,780円(636円/1kgあたり)となっているので、かなりコスパの良いフードとなっています。(税込み・Amazon参照)

良い口コミ③

黄色い袋のがプレミアしかなかったので、こちらを買ったのですが、お陰様で完食してくれました。毛玉対応が嬉しいです。

毛玉ケアが嬉しいという口コミがありました。

ミオ おいしくって毛玉対応には、天然食物繊維を配合されているので、お腹にやさしく毛玉をすっきり排便しやすいようになっています。

よく毛玉を飲み込みやすい猫ちゃんや、長毛種の猫ちゃんを飼っている方にもおすすめしたいシリーズとなっています。

悪い口コミ

悪い口コミ①

着色料 赤色102号、食用黄色5号、食用青色1 は猫にとって意味ないし、ペットの健康を考えてる飼い主は海外産を含め着色料を使ってないフードを選びたがるものである
添加物内容はほかの激安フードとあまり変わらないからまた時間おいてチェックしてみます

合成着色料が気になるという口コミがありました。

合成着色料が使用されていることは不安要素と言えるでしょう。

着色をする理由として、人間が美味しく見える為であり、犬や猫は色付きのフードを見ても嗜好性は上がりません。

つまり、人間が美味しそうだと思って愛犬や愛猫に買い与えるための購買意欲を向上させるためだけにフードに色付けされているので、本来不要な添加物となっています。

合成着色料の中には、発がん性物質が含まれているものもあり、ヒトに対する発がん性が否定されていないことから、猫にも同様のリスクがありますのでなるべく摂取しないことが望ましいでしょう。

キャットフードに限らず、商品の見直しはメーカーが行うことがあるので、飼い主がしっかり責任を持って、与えているキャットフードの原材料や成分をチェックしてあげるようにしましょう。

ミオキャットフードのまとめ

ミオキャットフードは、フレーバーの選択肢が多いものの、メインの原材料が穀物となっているため、肉食動物である猫にとって好ましくないフードといえます。

さらに、肉類(チキンミール、牛肉粉、豚肉粉)や魚介類(フィッシュパウダー(カツオブシ粉含む)、小魚粉末)が使用されており、少し不安な点が多いと言えます。

また、合成着色料が使用されていることも不安要素と言えるでしょう。

記事内でもお伝えした通り、猫の体質によって合うフードと合わないフードがある場合がありますので、違うフードやメーカーを試してみるのも良いでしょう。

コスパの良いフードを探している方や味の好みにうるさい猫ちゃん用のフードを探している方は、ミオキャットフードを試してみてはいかがでしょうか?

購入はこちらから↓↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました