キャットフードのドライフード・ウェットフード別に開封前・開封後の正しい保存方法を解説

キャットフード

「猫を飼っているけど、キャットフードの保管方法が分からない。」

「猫を飼っているけど、最近食いつきが悪くて困っている。」

あなたは今、そうお悩みではありませんか。

キャットフードの保管方法がわからない方に向けての記事になります。

保管方法を間違えると美味しいフードも風味を損ねるから気をつけよう!

今回は、キャットフードの保管方法をまとめました。

ドライフードの保管方法


ここからは、ドライフードの正しい保管方法を解説します。

ドライフードは開封前・開封後ともに下記のような保管方法が望ましいと言われています。

  • 高温多湿ではない
  • 温度差が少ない
  • 直射日光を避ける

1つずつ詳しく見ていきましょう。

開封前と後共通

高温多湿ではない

台所の下は高温になりやすく、洗面台の下は湿度が高いと言われているので、どちらもキャットフードの保管には向いていません。

食器棚や床下収納、パントリー(食料部屋)など高温多湿でない場所がおすすめです。

温度差が少ない

1日の温度差が少ない場所で保存することが大切です。

ただし、温度変化の少ない場所だったら良いと言っても冷蔵庫はNGと言われています。

冷蔵庫でキャットフードを保管すると、扉の開け閉めによる温度差で結露が生じ、湿気やカビの原因になると言われています。

直射日光を避ける

直射日光が当たる場所に置いてしまうと、未開封であっても袋の中の温度が上昇し酸化してしまいます。

直射日光が当たる窓際などは避け、床下収納やパントリー(食料部屋)など日の当たらないところがおすすめです。

開封後

開封後は、空気に触れないように密閉して保管するのが良いでしょう。

袋止めクリップ

購入したキャットフードの袋のまま保管する場合には、袋の口を止めるクリップなどを使うと良いでしょう。

袋の中の空気を抜いて、しっかり袋の口を閉じてからクリップで挟みましょう。

脱酸素剤

密閉容器にフードと一緒に入れるだけで、フードの酸化を防ぎます。

容器の開け閉めで多少空気は入ってしまいますので、脱酸素剤を交換する手間はかかりますが、比較的簡単にフードの酸化を防ぐことができるアイテムです。

密閉保存

瓶やカン、プラスチックの容器に入れて保管しても良いでしょう。

フードストッカーやコンテナを使って保管するのも、個性が出せるのでオシャレに保管したい方におすすめです。

真空保存

ドライフードの酸化を徹底的に抑えたい方には、真空保存がおすすめです。

ご家庭でも簡単に真空パックが作れる真空パック器を使えば、誰でも簡単に真空保存が可能です。

ウェットフードの保管方法


ここからは、ウェットフードの正しい保管方法を解説します。

ウェットフードは開封前・開封後で保管方法が異なりますので、それぞれ下記のような保管方法が望ましいと言われています。

開封前

開封前のウェットフードは、開封前のドライフードと同様に、下記の保管方法が良いと言われています。

  • 高温多湿ではない
  • 温度差が少ない
  • 直射日光を避ける

開封後

ウェットフードは水分量が多いので、傷みやすいという特徴があります。

開封後は、その日中に食べきることが望ましいです。

もし、その日のうちに食べ切れない場合は、清潔な別の容器に移し替えて冷蔵庫で保管しましょう。

遅くても翌日までには食べ切るようにしてくださいね。

翌日以降に持ち越したい場合

翌日以降に持ち越したい場合は、冷凍保存がおすすめです。

1食分ごとにラップで包んで冷凍保存します。

冷凍した場合は、3〜4日以内に食べ切るようにしましょう。

解凍する際は、前日に冷蔵庫に移して自然解凍がおすすめです。

キャットフードのドライフード・ウェットフード別の正しい保存方法まとめ

今回は、キャットフードのドライフード・ウェットフード別の正しい保存方法についてまとめてきました。

  • ドライフードは開封前・開封後ともに高温多湿ではない、温度差が少ない、直射日光を避けた場所に保管する。
  • ドライフードの開封後は、空気に触れないように密閉して保管する。
  • ウェットフードは開封前・開封後ともに高温多湿ではない、温度差が少ない、直射日光を避けた場所に保管する。
  • ウェットフードの開封後は、その日中に食べきる。
  • ウェットフードの開封後に翌日以降に持ち越したい場合は、冷凍保存する。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました