猫が目をしきりに触る時の症状や原因、対策方法について解説|猫の病気・症状一覧

猫の育て方

「猫の様子がいつもと違う気がする。」

「猫が目をしきりに触るから心配だ。」

あなたは今、そうお考えではありませんか。

猫の様子がいつもと違って気になっている方や、猫の病気について知りたい方に向けての記事になります。

猫と暮らす上で知っておきたい猫の病気について、現役の猫の下僕が解説していくよ!!

今回は、猫が目をしきりに触る時の症状や原因、対策方法についてまとめました。

猫が目をしきりに触る時の症状

猫が目をしきりに触る時の症状一例

猫が目をしきりに触る場合には心配になりますよね。

猫の目に異常を感じたら、結膜炎や角膜炎、緑内障の可能性があります。

目をしきりに触っている、涙が出る、視線が合わないなどの症状が見られる時に考えられる原因や対策を解説していきます。

その前に、まずは猫と暮らしている方には知っておいて欲しい猫の目について一般論を解説します。

猫の目の基礎知識

人間は、目に異物が入ると、途端に涙がたくさん出てきたり、目が痛んだりします。

これは、目から異物を出そうとして生理的に反応を起こしています。

ところが、猫は多少目に物が入ったとしても、それほど大きな反応を見せることはありません。

これは、猫の角膜の感覚が鈍いためです。

そんな猫が目を気にしてこすっていたり、涙を流したりしている場合は、よほど大きな違和感があると考えられます。

特に、涙を流している場合は、何らかの身体的トラブルが起こっていると考えていいでしょう。

猫が目をしきりに触る時の原因

病気

目の疾患

猫の目に異常を感じたら、目の疾患にかかっている可能性があります。

結膜炎や角膜炎の場合、目に炎症が出てしまう事があります。

他には猫風邪やウィルス性疾患などの可能性もあり、その場合は血液検査などで調べる事が出来ます。

気管支炎などの疾患の時に涙や目やにが増える事もありますので、その場合、レントゲンや血液検査などで調べます。

また、多頭飼いされていたり、外へ猫が出る機会がある場合には、原因の一つに猫同士のケンカも考えられます。

ケンカでお互いの爪が当たってしまったりすることで目元付近に怪我をしてしまうことがあります。

失明

猫と視線が合わない場合には、失明している可能性があります。

猫が失明する原因には、緑内障や脳腫瘍、網膜出血などが考えられます。

脳腫瘍の場合は、手術が必要になることもあるので、気が付いた時点ですぐにかかりつけの獣医に相談しましょう。

猫が目をしきりに触る時の対策方法


猫の目に異常を感じたら、気が付いた時点ですぐにかかりつけの獣医に相談しましょう。

目の不調を放置しておくと、最悪の場合失明してしまうなど取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。

早く気づければ早いほど、早期発見・治療が可能になりますので、少しでも気になることがあれば病院を受診することをお勧めします。

【関連記事】愛猫家がおすすめする猫のペット保険人気8選【2021年最新版】

愛猫家がおすすめする猫のペット保険人気8選【2021年最新版】はこちらから↓

猫のペット保険人気8選【2021年最新版】愛猫家のおすすめは?
「初めて猫を飼うけど、ペット保険はどれを選べば良いかわからない。」 「猫を飼っているけど、愛猫家おすすめの保険が知りたい。」 あなたは今、そうお考えではありませ...

ペット保険の一括見積もりサイトはこちらから↓↓

ペット保険の一括見積もりサイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました