オリジンキャットフードの評判、口コミを調査!原材料と成分や安全度も解説

キャットフード

新鮮で品質の高い原材料を使ったプレミアムキャットフードで有名なペットフードメーカー「オリジン」は豊富な商品ラインナップで知名度があるキャットフードです。

オリジンは、「高タンパク・高脂質・高カロリー」のキャットフードで、猫にとって消化が悪い穀物を仕様することなく、プレミアムフードの中でも非常にお勧めできるキャットフードです。

また、フレーバーの選択肢が多く、猫の好みに合ったフードを見つけることができます。

こちらの記事では、オリジンキャットフードについて知りたい方向けに、ラインナップや原材料情報、リアルな購入者の口コミなど、購入前に知りたい情報をまとめています。

オリジンキャットフードが気になっている方は参考にしてみて下さいね。

まずは結論!オリジンキャットフードの総合評価

商品名オリジン キャット&キティ
総合評価5.0
原材料主原料:新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉 5.0
酸化防止剤:なし 5.0
人工添加物:なし 5.0
価格・内容量6,237円/1.8kg(税込み・Amazon参照)
(※2020年9月時点での価格です。)
原産国アメリカ合衆国
対応年齢全猫種、全年齢用
公式サイトオリジン公式サイト
※原材料欄の主原料、酸化防止剤、人工添加物の評価を全て合算して項目数で割った算出結果を表記。(少数第一位を四捨五入)
※減点方法
基本的に星5つの状態から減点方式として、原材料欄に気になる項目が1つあるごとに-0.5点とします。
例(主原料に穀物の使用、〇〇ミール、合成酸化防止剤、人工添加物の使用・・・-0.5点、)

購入はこちらから↓↓


猫用「オリジン」とは?

犬と猫の身体のつくりから見直してつくられたバイオロジックフード「オリジン」

新鮮で品質の高い原材料を使ったプレミアムキャットフードで有名なペットフードメーカー「オリジン」は豊富な商品ラインナップで知名度があるキャットフードです。

オリジンは、「高タンパク・高脂質・高カロリー」のキャットフードで、猫にとって消化が悪い穀物を仕様することなく、プレミアムフードの中でも非常にお勧めできるキャットフードです

また、フレーバーの選択肢が多く、猫の好みに合ったフードを見つけることができます。

こちらの記事では、オリジンキャットフードについて知りたい方向けに、ラインナップや原材料情報、リアルな購入者の口コミなど、購入前に知りたい情報をまとめています。

オリジンキャットフードが気になっている方は参考にしてみて下さいね。

「オリジンキャットフード」のラインナップ

オリジンは、フレーバーの選択肢が多く、猫の好みに合ったフードを見つけることができます。

ドライフード

キャット&キティ

6フィッシュ

レジオナルレッド

フィット&トリム

キャットトリーツ 6フィッシュ

キャットトリーツ ワイルドボア

「オリジンキャットフード」の成分と原料


「オリジンキャットフード」の成分と原料はどのような内容になっているのでしょうか?

例として、「オリジン キャット&キティ」の成分と原料について詳しく見ていきます。

原材料
原材料:新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉、新鮮全卵、新鮮丸ごと大西洋カレイ、新鮮丸ごと大西洋サバ、新鮮鶏レバー、新鮮七面鳥レバー、新鮮丸ごと大西洋ニシン、新鮮鶏心臓、新鮮七面鳥心臓、ディハイドレート鶏肉、ディハイドレート七面鳥肉、ディハイドレートサバ、ディハイドレート鶏レバー、ディハイドレート卵、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとピント豆、鶏肉脂肪、新鮮チキンネック、新鮮鶏腎臓、丸ごとグリーンピース、丸ごとグリーンレンズ豆、丸ごとシロインゲン豆、丸ごとヒヨコ豆、天然鶏肉風味、アラスカンポロック油、粉砕鶏骨、鶏軟骨、レンズ豆繊維、塩化コリン、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)、乾燥ケルプ、亜鉛タンパク化合物、フリーズドライ鶏バー、新鮮ケール、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮コラードグリーン、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、丸ごとリンゴ、丸ごと梨、カボチャの種、ヒマワリの種、チアミン硝酸塩、銅タンパク化合物、チコリー根、ターメリック、サルサ根、アルテア根、ローズヒップ、ジュニパーベリー、乾燥ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物、乾燥プロバイオティクス発酵生成物、乾燥ラクトバチルスカゼイ発酵生成物.

引用:オリジン公式サイトより引用

成分
粗たんぱく質(以上) 40 % 粗脂肪(以上) 20 % 粗繊維(以下) 3 % 水分(以下) 10 % カルシウム(以上) 1.4 % リン(以上)/(以下) 1%/1.5% マグネシウム(以下) 0.1 % タウリン(以上) 0.2 % オメガ6脂肪酸*(以上) 3.5 % オメガ3脂肪酸*(以上) 0.8 % DHA / EPA (以上) 0.2 % / 0.2 % 総微生物*(以上) 100M CFU/lb (ラクトバチルスアシドフィルス、プロバイオティクス、 ラクトバチルスカゼイ)

引用:オリジン公式サイトより引用

原材料と成分をチェック


オリジンは、フレーバーの選択肢が多くメインの原材料が鶏、ニシン、サバ、アンガスビーフ、猪肉などのタンパク質を豊富に含んでいるので、肉食動物である猫にとって好ましいフードといえます。

原材料欄を見ても、〇〇ミールなどの使用も無く、安心できる原材料と言えるでしょう。

また、天然素材しか使用されていないので、非常に安心して与えられる安全なフードと言えるでしょう。

購入はこちらから↓↓


「オリジンキャットフード」の安全度は?

酸化防止剤(ミックストコフェロール)

ミックストコフェロールは、ビタミンEのことで、植物性油脂から精製される天然の酸化防止剤に用いられます。

トコフェロールは日本では厚生労働省によって指定添加物として認可されており、IARC(国際がん研究機関)によって発がん性や遺伝毒性は確認されていません。

「オリジンキャットフード」の保管方法は?


キャットフードは開封後は品質劣化してしまうため、ひと月程度で食べ切れる量が好ましいでしょう。

特にドライキャットフードは、酸化すると匂いが薄くなり、嗅覚が敏感な猫にとっては美味しく感じられなくなり、フードを食べなくなる原因にもなります。

また、酸化すると苦味や酸味が強くなります。

特に苦味が強くなると猫はフードを食べなくなる場合が多いです。

オリジンキャットフードは、小包装になっているので、フードが劣化してしまうことが少ないよう設計されています。

ただ、小包装と言っても開封後は劣化が進みますので、なるべく早く食べ切るようにしましょう。

猫用ドライフードは、開封後は品質劣化してしまうため、専用の保存容器や密閉容器に入れて保存するのがオススメです。

キャットフードの保管に関してのおすすめ記事はこちらから↓↓

キャットフードのドライフード・ウェットフード別に開封前・開封後の正しい保存方法を解説
「猫を飼っているけど、キャットフードの保管方法が分からない。」 「猫を飼っているけど、最近食いつきが悪くて困っている。」 あなたは今、そうお悩みではありませんか...

「オリジンキャットフード」の口コミ・評判

良い口コミ

良い口コミ①

我が家には純血の長毛種がいますが、売れ残って長いことペットショップにいたために、安価なカリカリばかり好んで食べて、とても不憫でなりませんでした。
ヨーロッパ産の防腐剤などが入っていないプレミアムフード、総合栄養食のウェットフードや、グレインフリーのドライや半生タイプなど、体に良さそうなものを買って与えてきましたが、食いつきがどうも良くありません。

1歳になり、3キロほどしかなく、体もほっそりとしています。元々、決まった時間に、決まった量のご飯しか食べない子です。ペットショップで、母親から早く離され、そのような管理下に長いこといたので、良い習慣なのかもしれませんが、好きなものを美味しそうに沢山食べたりという様子はありませんでした。
今回、お試しサイズなので、評価の高いこちらを購入してみました。
ナチュラルサイエンス、アニモンダ、ロイヤルカナン、ジゥイヒーク、サイエンスダイエット、カナガン、ジャガーと、全て食い付きが良くなく、特に色がカナガンに似ているので、これも食べてくれないかな?と心配していましたが、食器に移した途端、嬉しそうにやってきて食べ始めました。

初めて与えて、物珍しかっただけかもしれませんが、自分からやってきて直ぐに食べたのは初めてなので、とにかく嬉しいです。いつもは警戒して、暫く食べません。

香りが強いためでしょうか?ビーフジャーキーに似た香りがします。黒くて、平たい丸の形のハードです。

暫く様子をみて、沢山食べてくれるようでしたら、大袋を買って、こちらを与えるようにしてみたいです。

パッケージにも、きちんと日本の気候用に湿気対策がされていたり、表示も肉類が筆頭に来ていますので、良さそうな品に感じました。
ただ、ジッパーなどはこちらの小袋タイプにはついていませんので、空気が入りにくくなるような、口を保存用のクリップで止めたりしないと酸化してしまうので、数日で無くなる分量ですが、星1つマイナスにしました。

食いつきが良いという口コミがありました。

高タンパクなプレミアムフードは肉食の猫にとっても嬉しく、愛猫がモリモリご飯を食べてくれるのは飼い主さんも嬉しいポイントですね。

ビーフジャーキーのような香りもするので、肉食の猫にはたまらない香りとなっています。

良い口コミ②

月齢10か月でうちに来た、飼われていた形跡のある(元)迷い猫に与えています。おいしいフードはあげたいけれど、質の低いものは食べさせたくないので、あれこれ調べてはトライ…を繰り返し、ようやく気に入って食べてくれるようになったのがこれです。
毛艶はいいですし、うんちの質がとてもよいです。食欲旺盛ですが、計って決まった量しかあげなくても満足はしているようです。安く穀物の入ったフードより腹持ちがいいのかな?と、見ていて思います。
小さいサイズなので、鮮度が落ちないうちに食べさせてあげられますし、一匹で飼っている我が家ではこのサイズをたくさん買い置きしています。便利です。

毛艶がよくなった・便通が良くなったという口コミがありました。

オリジンは食物繊維を含んだ食材が使用されているので、便秘予防になります。

継続してフードをあげていると、だんだんと便の状態が良くなることがあるので、劇的な変化はないかもしれませんが、時間をかけて改善されることもあるようです。

良い口コミ③

こちらはYouTubeに動画投稿されている方のツイートです。

個人的に好きなYouTubeチャンネルでよく拝見していますが、なんと言ってもこのもふもふの白猫さんが可愛らしいんです。

そして飼い主様も優しいお兄様という印象でいつもほっこりしています。

話は逸れてしまいましたが、オリジンキャットフードの食いつきを動画で確認できますのでぜひチェックしてみてくださいね。

悪い口コミ

悪い口コミ①

生後2ヶ月後半の子猫をわが家にお迎えし5日後、
気付いたらブリーダーさんから頂いたフードが完全になくなり、
お迎えする前に買っておいたこちらをあげたら、
下痢になってしまいました。
いきなり100%新しいフードになったので、お腹がびっくりしたのかもと思いましたが、
獣医さんには何かアレルギーでもあったのでは?と言われました。

ブリーダーさんはもともとニュートロナチュラルチョイスをあげていたそうで
そちらに替えたら、ぴたっと下痢が治りました。
オリジンはまだまだいっぱい残っていますし、
今あげているニュートロに少しずつ混ぜていけばいいのかもしれませんが、
正直怖くてもうあげられません。

高いお買い物になってしまいましたが、
うちの子猫には合わないということが分かったので、そういう意味では、よかったです。

下痢をしてしまったという口コミがありました。

猫の体質によって合うフードと合わないフードがある場合がありますので、違うメーカーを試してみるのも良いでしょう。

フードを急に切り替えてしまうと、下痢をしたり嘔吐してしまうことがあるので、10日ほどかけて、毎日少しずつ切り替えていくとフードに猫の体が慣れてくれると思います。

猫には穀物アレルギーを持っている猫もいるので、症状が出たり、アレルギー持ちの子にはグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを選びましょう。

悪い口コミ②

改悪されてとにかくガッカリ。
カナダ産の時から原料が変わってしまった為、ウチの猫ちゃんには合わなく、食べると必ず吐いてしまうように。
お値段も事実上、高価になってしまいましたし、ただただ残念なリニューアルでした。

食いつきが悪いという口コミがありました。

猫の好みによって合うフードと合わないフードがある場合がありますので、違うメーカーを試してみるのも良いでしょう。

また、フードを急に切り替えてしまうと、下痢をしたり嘔吐してしまうことがあるので、10日ほどかけて、毎日少しずつ切り替えていくとフードに猫の体が慣れてくれると思います。

悪い口コミ③

内臓に負担がかかったという口コミがありました。

「オリジンキャットフード」は、非常に高タンパクなフードなので、腎臓や内臓に負荷がかかりやすいです。

腎臓に病気のある猫・高齢の猫には病気を進行させてしまったり、腎臓に負担がかかってしまうため、不向きのフードになっています。

腎不全の猫には、タンパク質は30%以下のフードを与えるのが良いでしょう。

オリジンキャットフードのまとめ

「オリジンキャットフード」は、6種類のフードが用意されているので、愛猫にあったフードを見つけやすいです。

オリジンは、フレーバーの選択肢が多く、幅広い猫に合ったフードを見つけることができます。

記事内でもお伝えした通り、猫の体質によって合うフードと合わないフードがある場合がありますので、違うフードやメーカーを試してみるのも良いでしょう。

プレミアムフードの中でもどれを選べば良いかわからない方や、高タンパクなフードを探している方は、オリジンキャットフードを試してみてはいかがでしょうか?

購入はこちらから↓↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました