Nyummy(ニャミー)キャットフードの評判、口コミを調査!原材料と成分や安全度も解説

キャットフード

テレビ朝日で放送されている「激レアさんを連れてきた」で紹介され話題の「Nyummy(ニャミー)」は国産のキャットフードです。

「Nyummy(ニャミー)」は猫株式会社という会社がニャミーの製造・販売を行っています。

Nyummy(ニャミー)キャットフードは、人工添加物・合成保存料不使用かつ、国産原材料を使用しているフードです。

こちらの記事では、Nyummy(ニャミー)キャットフードについて知りたい方向けに、ラインナップや原材料情報、リアルな購入者の口コミなど、購入前に知りたい情報をまとめています。

Nyummy(ニャミー)キャットフードが気になっている方は参考にしてみて下さいね。

まずは結論!「Nyummy(ニャミー)」の総合評価

商品名Nyummy(ニャミー) 室内飼いの成猫用
総合評価5.0
原材料主原料:牛肉粉5.0
酸化防止剤:なし5.0
人工添加物:なし5.0
価格・内容量1,940円(税込2,134円)/350g(公式サイト参照)
(※2020年11月時点での価格です。)
原産国日本
対応年齢成猫用
公式サイトNyummy(ニャミー)公式サイト
※原材料欄の主原料、酸化防止剤、人工添加物の評価を全て合算して項目数で割った算出結果を表記。(少数第一位を四捨五入)
※減点方法
基本的に星5つの状態から減点方式として、原材料欄に気になる項目が1つあるごとに-0.5点とします。
例(主原料に穀物の使用、〇〇ミール、合成酸化防止剤、人工添加物の使用・・・-0.5点、)

購入はこちらから↓↓

公式サイトはこちら

「Nyummy(ニャミー)」とは?

ペットは人に飼われた時点で、幸せな一生を過ごすのかどうかを決めることは出来ません。全ては飼い主次第です。

一緒に暮している猫達は、常に私たちを頼り、私たちが愛情を注ぐほど、彼らとの絆はより深くなっていきます。

猫たちは、けっして人を裏切らず、うそもつきません。

「ごはんだよ!」といって食事を出せば、何の疑いもなくそれを食べてくれるでしょう。

たとえそれが栄養的に品質的にいまひとつでも、食べて不満に思っても、けっして口に出して教えてはくれません。

だからこそ、私たちが彼らの言葉にならない気持ちを感じ、彼らの信頼に応えられるようなものを選んであげることが大切なのです。

「私たちの食事と同じ材料で…」等の説明をよく見かけますが、大切なことはその材料の安全性が確保されていて、
腐敗していない新鮮なタイミングで加工されているかどうかと言うことです。

国産材料を厳選し、特に鹿肉は新鮮で生でも食べられる状態の物を調理しています。

牛肉・鹿肉・牛エキスを中心に、有機農法や減農薬農法にこだわってつくられた国産の野菜や穀物、海産物などを組み合わせて、
お母さんの子供のために愛情を込めて調理する手づくり料理のようなフードです。

愛情とともに、愛猫の日常食として安心してお使いください。

危険な保存料や人口添加物は一切使用せず、材料の確保から製造・出荷まで安全検査を徹底しています。

テレビ朝日で放送されている「激レアさんを連れてきた」で紹介され話題の「Nyummy(ニャミー)」は国産のキャットフードです。

「Nyummy(ニャミー)」は猫株式会社という会社がニャミーの製造・販売を行っています。

Nyummy(ニャミー)キャットフードは、人工添加物・合成保存料不使用かつ、国産原材料を使用しているフードです。

こちらの記事では、Nyummy(ニャミー)キャットフードについて知りたい方向けに、ラインナップや原材料情報、リアルな購入者の口コミなど、購入前に知りたい情報をまとめています。

Nyummy(ニャミー)キャットフードが気になっている方は参考にしてみて下さいね。

「Nyummy(ニャミー)キャットフード」のラインナップ

ドライフード

  • Nyummy(ニャミー)キトン
    40週までの幼猫用
  • Nyummy(ニャミー)
    室内飼いの成猫用

「Nyummy(ニャミー)キャットフード」の成分と原料


「Nyummy(ニャミー)キャットフード」の成分と原料はどのような内容になっているのでしょうか?

例として、「Nyummy(ニャミー) 室内飼いの成猫用」の成分と原料について詳しく見ていきます。(※2020年11月時点での情報です。)

原材料

※牛由来の原材料は、全頭検査済みの国産牛骨をフード加工工場で、食用として製品加工したものです。

穀類は乾物のまま使用せず、手作りフードと同じように、自社で加熱調理(炊き込み)をしてから使用しています。

昆布・きな粉などは水分を含むと膨張するため、見た目の分量よりも少量で満腹感が得られます。また、食物繊維が豊富に含まれているため、腸内の細菌バランスを整え胃腸の働きを正常化させるのに有効なうえ、「宿便」をからめとって体外に排出する働きもします。

毛玉対策、肥満猫のダイエットにも最適といえます。さらにビーフエキスは天然のコラーゲン・ムコ多糖類を豊富に含んでいますので、毛艶をよくし、高齢猫の関節痛などにも配慮しています。

ビーフエキスは新鮮な牛骨(脊柱不使用)を長時間炊き出し、旨味とコクと栄養を引き出してあります。OIE(国際獣疫事務局)基準に基づいて選別し使用していますので、BSEの心配はありません。

(※1)添加物不使用(酸化防止剤、香料、着色料、オイルコーティング)

成分
たんぱく質 36.0%以上
脂質 14.0%以上
粗繊維 1.0%以下
灰分 8.0%以下
水分 7.0%以下
引用:Nyummy(ニャミー)公式サイトより引用

原材料と成分をチェック


Nyummy(ニャミー)キャットフードは、メインの原材料が牛肉粉でタンパク質を豊富に含んでいるので、肉食動物である猫にとって好ましいフードといえます。

原材料欄を見ても、〇〇ミールなどの使用も無く、安心できる原材料と言えるでしょう。

また、天然素材しか使用されていないので、非常に安心して与えられる安全なフードと言えるでしょう。

購入はこちらから↓↓

公式サイトはこちら

「Nyummy(ニャミー)キャットフード」の安全度は?

第一主原料は牛肉粉

牛由来の原材料は、全頭検査済みの国産牛骨をフード加工工場で、食用として製品加工したものです。

さらにビーフエキスは天然のコラーゲン・ムコ多糖類を豊富に含んでいますので、毛艶をよくし、高齢猫の関節痛などにも配慮しています。

ビーフエキスは新鮮な牛骨(脊柱不使用)を長時間炊き出し、旨味とコクと栄養を引き出してあります。OIE(国際獣疫事務局)基準に基づいて選別し使用していますので、BSEの心配はありません。

Nyummy(ニャミー)キャットフードは、第一主原料は牛肉粉でタンパク質を豊富に含んでいるので、肉食動物である猫にとって好ましいフードといえます。

鹿肉は新鮮で生でも食べられる状態の物を調理されているこだわりもあり、安心して愛猫に与えられるフードとなっています。

グルテンフリー

穀類は乾物のまま使用せず、手作りフードと同じように、自社で加熱調理(炊き込み)をしてから使用しています。

Nyummy(ニャミー)キャットフードの第二主原料には、玄米が使用されています。

そのためグレインフリーではありませんが、小麦粉は使用されていないため、グルテンフリーのキャットフードとなります。

さらに、自社で加熱調理(炊き込み)をしてから使用しているため、胃で消化しやすく胃腸の弱い猫さんにも優しいフードとなっています。

昆布・きな粉

昆布・きな粉などは水分を含むと膨張するため、見た目の分量よりも少量で満腹感が得られます。また、食物繊維が豊富に含まれているため、腸内の細菌バランスを整え胃腸の働きを正常化させるのに有効なうえ、「宿便」をからめとって体外に排出する働きもします。

毛玉対策、肥満猫のダイエットにも最適といえます。

猫における昆布・きな粉の安全性、危険性、および適正量に関するデータは全く無くわかっていません。

添加物不使用

酸化防止剤、香料、着色料、オイルコーティング不使用で、危険な保存料や人口添加物は一切使用していません。

「Nyummy(ニャミー)キャットフード」の保管方法は?


キャットフードは開封後は品質劣化してしまうため、ひと月程度で食べ切れる量が好ましいでしょう。

特にドライキャットフードは、酸化すると匂いが薄くなり、嗅覚が敏感な猫にとっては美味しく感じられなくなり、フードを食べなくなる原因にもなります。

また、酸化すると苦味や酸味が強くなります。

特に苦味が強くなると猫はフードを食べなくなる場合が多いです。

Nyummy(ニャミー)キャットフードのパッケージには、ジッパーがついているので、保管しやすくなっています。

猫用ドライフードは、開封後は品質劣化してしまうため、専用の保存容器や密閉容器に入れて保存するのがオススメです。

キャットフードの保管に関してのおすすめ記事はこちらから↓↓

キャットフードのドライフード・ウェットフード別に開封前・開封後の正しい保存方法を解説
「猫を飼っているけど、キャットフードの保管方法が分からない。」 「猫を飼っているけど、最近食いつきが悪くて困っている。」 あなたは今、そうお悩みではありませんか...

「Nyummy(ニャミー)キャットフード」の口コミ・評判

良い口コミ

良い口コミ①

この投稿をInstagramで見る

おはようにゃーん 健康で毛並みも艶々 猫株式会社さんがお造りになる  キャットフード #Nyammy #ニャミー  今年の災害で天然素材が入手困難の中 拵えて下さり僕やみなさんのところへと 届きました。 匂いも少なく、ミサは これが無きゃー 朝が始まらにゃいわん!!  って言わんばかりか 残さず綺麗に食べてくれます  そうそう、ワンちゃん用もあるみたいなので 是非〜  #猫 #cat #家族 #family #kawaii #catlover #catstagram #Katze #chat #gato #кошка  #고양이 ‎#חתול #pusa #แมว #ကွောငျ #Mèo #बिरालो  #calicocat #三毛猫 #ねこのきもち #instacat

Taka&Misa(@hirorin.zz)がシェアした投稿 –

食いつきが良いという口コミがありました。

高タンパクなプレミアムフードは肉食の猫にとっても嬉しく、愛猫がモリモリご飯を食べてくれるのは飼い主さんも嬉しいポイントですね。

素材の香りもしっかりするので、肉食の猫にはたまらない香りとなっています。

良い口コミ②

毛艶がよくなったという口コミがありました。

Nyummy(ニャミー)キャットフードには、天然のコラーゲンが含まれています。

コラーゲンは皮膚と毛並みと柔軟さや艶やかさを保ち、若さと健康の維持に不可欠な成分です。

コラーゲンを豊富に含んでいるので、猫ちゃんの健康的な身体や美しい毛並みに効果の期待ができます。

悪い口コミ

悪い口コミ①

この投稿をInstagramで見る

. テレビ見て気になってたカリカリを買ってみた。 . 口に入れてもそのまま出してしまう…最終的には匂いだけでフイッと顔を背けられた . せっかくこだわって作られた良いものだし、なにせ値段がいつものカリカリの3倍… 諦めきれずに粉々にしてちゅーると水を少しずつ混ぜたら食べてくれた めんどくさいけど毎日1食分はこれを食べてもらってます . 友人宅の猫ちゃん2匹は普通に食べてくれました。 味の好みばかりは仕方ない。。 . いくら良いものでも食べてくれなきゃ意味が無いのでサンプルとかあると良いなーという感じです . . #ニャミー #nyummy #猫株式会社 #カリカリ #猫ごはん #キャットフード #猫 #猫のいる暮らし #ねこ #ねこのはなお #ねこ部 #ねこすたぐらむ #にゃんすたぐらむ #猫の後頭部 #グレー猫 #cat #catstagram .

ねこのはなお(@hanaooon716)がシェアした投稿 –

食いつきが悪いという口コミがありました。

猫の好みによって合うフードと合わないフードがある場合がありますので、違うメーカーを試してみるのも良いでしょう。

また、フードを急に切り替えてしまうと、下痢をしたり嘔吐してしまうことがあるので、10日ほどかけて、毎日少しずつ切り替えていくとフードに猫の体が慣れてくれると思います。

もしも食いつきが良くなかったフードを大量に購入してしまって処分に困っている方は、地域の保護猫活動をされている団体やインターネットでもキャットフードの寄付を募集している団体がありますので探して送ってみてはいかがでしょうか。

Nyummy(ニャミー)キャットフードのまとめ

Nyummy(ニャミー)キャットフードは、メインの原材料が牛肉粉でタンパク質を豊富に含んでいるので、肉食動物である猫にとって好ましいフードといえます。

原材料欄を見ても、〇〇ミールなどの使用も無く、安心できる原材料と言えるでしょう。

また、天然素材しか使用されていないので、非常に安心して与えられる安全なフードと言えるでしょう。

記事内でもお伝えした通り、猫の体質によって合うフードと合わないフードがある場合がありますので、違うフードやメーカーを試してみるのも良いでしょう。

プレミアムフードの中でもどれを選べば良いかわからない方や、グルテンフリーフードを探している方、国産のプレミアムフードを探している方は、Nyummy(ニャミー)キャットフードを試してみてはいかがでしょうか?

購入はこちらから↓↓

公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました