JPスタイル 和の究みの評判、口コミを調査!原材料と成分や安全度も解説

キャットフード

ペットショップやスーパーなどで見かけることの多い「JPスタイル 和の究み」は国産メーカーが製造している知名度があるキャットフードです。

JPスタイル 和の究みは、年齢別の様々な種類のフードや体のケアしたい部分別のフードのラインナップがあります。

こちらの記事では、JPスタイル 和の究みについて知りたい方向けに、ラインナップや原材料情報、リアルな購入者の口コミなど、購入前に知りたい情報をまとめています。

JPスタイル 和の究みが気になっている方は参考にしてみて下さいね。

まずは結論!JPスタイル 和の究みの総合評価

商品名JPスタイル 和の究み 全ての年齢 避妊去勢後のデイリーケア
総合評価4.3
原材料主原料:肉類(ミートミール、チキンミール)、でんぷん類、
穀類(小麦全粒粉、とうもろこし、コーングルテンミール、ホミニーフィード、小麦粉)
魚介類(削り節ミール、フィッシュパウダー、まぐろ節、かつおパウダー)
3.0
酸化防止剤:酸化防止剤(ローズマリー抽出物)
5.0
人工添加物:なし
5.0
価格・内容量906円/2kg (250g ×8袋)(税込み・Amazon参照)
原産国日本
対応年齢全ての年齢
公式サイト日清ペットフード公式サイト
※原材料欄の主原料、酸化防止剤、人工添加物の評価を全て合算して項目数で割った算出結果を表記。(少数第一位を四捨五入)
※減点方法
基本的に星5つの状態から減点方式として、原材料欄に気になる項目が1つあるごとに-0.5点とします。
例(主原料に穀物の使用、〇〇ミール、合成酸化防止剤、人工添加物の使用・・・-0.5点、)

購入はこちらから↓↓


「JPスタイル 和の究み」とは

ペットショップやスーパーなどで見かけることの多い「JPスタイル 和の究み」は国産メーカーが製造している知名度があるキャットフードです。

JPスタイル 和の究みは、年齢別の様々な種類のフードや体のケアしたい部分別のフードのラインナップがあります。

こちらの記事では、JPスタイル 和の究みについて知りたい方向けに、ラインナップや原材料情報、リアルな購入者の口コミなど、購入前に知りたい情報をまとめています。

JPスタイル 和の究みが気になっている方は参考にしてみて下さいね。

「JPスタイル 和の究み」のラインナップ

JPスタイル 和の究みは、年齢別の様々な種類のフードや体のケアしたい部分別のフードのラインナップがあります。

ドライフード

JPスタイル 和の究み

  • 12ヶ月まで 健やかな子ねこ用
  • 1歳から 遊び盛りの成猫用
  • 1歳から 飽きやすい成猫用
  • 11歳から ケアを始めたい高齢猫用
  • 11歳から 飽きやすい高齢猫用
  • 全ての年齢 避妊去勢後のデイリーケア

JPスタイル 和の究み セレクトヘルスケア

  • 腎臓ガード かつお味
  • 腎臓ガード チキン味
  • 腎臓ガード 2種の味アソート
  • デリケートなお腹ガード
  • 下部尿路ガード 低マグネシウム
  • 下部尿路ガード 低カルシウム

ウェットフード

JPスタイル 和の究み 猫用レトルト

  • 下部尿路の健康維持サポート 1~6歳までの成猫用
  • 下部尿路の健康維持サポート 7歳以上のシニア猫用
  • 腎臓の健康維持サポート

JPスタイル 幼猫用離乳食

  • JPスタイル 幼猫用離乳食

「JPスタイル 和の究み」の成分と原料


「JPスタイル 和の究み」の成分と原料はどのような内容になっているのでしょうか?

例として、Amazonでレビュー数が多かった「JPスタイル 和の究み 全ての年齢 避妊去勢後のデイリーケア」の成分と原料について詳しく見ていきます。(※2020年10月時点での情報です。)

原材料
肉類(ミートミール/チキンミール)/でんぷん類/穀類(小麦全粒粉/とうもろこし/コーングルテンミール/ホミニーフィード/小麦粉)/魚介類(削り節ミール/フィッシュパウダー/まぐろ節/かつおパウダー)/油脂類(動物性油脂/フィッシュオイル)/ビートパルプ/粉末セルロース/オリゴ糖/β-グルカン/ユッカ抽出物/乳酸菌末(エンテロコッカス・フェカリス)/ミネラル類(カルシウム/リン/カリウム/ナトリウム/塩素/鉄/銅/マンガン/亜鉛/ヨウ素)/フマル酸/アミノ酸類(メチオニン/タウリン)/ビタミン類(A/D/E/K/B1/B2/B6/パントテン酸/ナイアシン/葉酸/コリン)/酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

引用:日清ペットフード公式サイト

成分
水分(10.0%以下)/たんぱく質(31.0%以上)/脂質(9.0%以上)/粗繊維(5.0%以下)/灰分(9.0%以下)

引用:日清ペットフード公式サイト

保証成分であるたんぱく質や脂質などは表記があったもののカルシウムやマグネシウムなどの成分情報が非公開のため、不明となっています。

もう少し多くの成分値を公開してもらえると安心して愛猫にフードを与えることができますよね。

特に、ミネラルやマグネシウムなど、腎臓ケアが必要な猫ちゃんには、保証成分がしっかり記載してある適正量の成分が含まれているキャットフードを選ぶようにしましょう。

原材料と成分をチェック


JPスタイル 和の究みは、フレーバーの選択肢が多くメインの原材料が肉類・魚介類などのタンパク質を豊富に含んでいるので、肉食動物である猫にとって好ましいフードといえます。

しかし、原材料欄に肉類(ミートミール・チキンミール)や魚介類(削り節ミール・フィッシュパウダー・まぐろ節・かつおパウダー)が使用されており、少し不安な点が多いと言えます。

他にも添加物等で気になる安全度をこの後解説していきます。

購入はこちらから↓↓


「JPスタイル 和の究み」の安全度は?

穀物

原材料欄には穀類(小麦全粒粉/とうもろこし/コーングルテンミール/ホミニーフィード/小麦粉)の記載があるため、穀物が使用されたフードになっています。

穀物は猫にとって消化が悪い食材なので、穀物類の量が多いのは少し気になるところです。

また、猫には穀物アレルギーを持っている猫もいるので、そういった子にはグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを選びましょう。

コーングルテンミール

コーングルテンミールとはコーングルテンをさらに粉状(ミール)に加工したものです。

コーングルテンはトウモロコシからデンプン(コーンスターチ)を作るときにできる副産物のことです。

コーングルテンはトウモロコシに比べて、たんぱく質含量が高いのが特徴です。

肉類だけでは不足しがちな種類のアミノ酸を含んでいるため、それらを補うために使用されたりもします。

また、肉や魚などの原材料よりも安価に用意できるので、コストダウンにも使用されることがあります。

主原料に使用されている場合は注意が必要ですが、肉や魚、穀物を主原料としている上でコーングルテンミールが使用されている分には安心して猫に与えられるでしょう。

油分

他に気になる成分として、油脂類(動物性油脂/フィッシュオイル)がありました。

表記的に良い脂肪分は「鶏脂、牛脂」など油脂の原材料の名前がしっかりと記載されているものは脂分の質が良いですが、動物性油脂/フィッシュオイルとしか記載されていないと、どんな動物の油を使っているのかわかりません。

油分の質によっては、猫の毛艶に影響したり皮膚病の原因にもなりますので注意が必要です。

酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

JPスタイル 和の究みには、ローズマリー抽出物という酸化防止剤が使用されています。

ローズマリー抽出物は、日本では厚生労働省によって既存添加物として認可されています。

ローズマリー抽出物はIARC(国際がん研究機関)によって発がん性は確認されていません。

猫に対して長期的に与えた場合の安全性や危険性に関してはよくわかっていないのが現状です。

「JPスタイル 和の究み」の保管方法は?


キャットフードは開封後は品質劣化してしまうため、ひと月程度で食べ切れる量が好ましいでしょう。

特にドライキャットフードは、酸化すると匂いが薄くなり、嗅覚が敏感な猫にとっては美味しく感じられなくなり、フードを食べなくなる原因にもなります。

また、酸化すると苦味や酸味が強くなります。

特に苦味が強くなると猫はフードを食べなくなる場合が多いです。

JPスタイル 和の究みは、小包装になっているので、フードが劣化してしまうことが少ないよう設計されています。

ただ、小包装と言っても開封後は劣化が進みますので、なるべく早く食べ切るようにしましょう。

猫用ドライフードは、開封後は品質劣化してしまうため、専用の保存容器や密閉容器に入れて保存するのがオススメです。

キャットフードの保管に関してのおすすめ記事はこちらから↓↓

キャットフードのドライフード・ウェットフード別に開封前・開封後の正しい保存方法を解説
「猫を飼っているけど、キャットフードの保管方法が分からない。」 「猫を飼っているけど、最近食いつきが悪くて困っている。」 あなたは今、そうお悩みではありませんか...

「JPスタイル 和の究み」の口コミ・評判

良い口コミ

良い口コミ①

日清製粉の技術(国内生産)、1パックずつ乾燥剤が入れてあること(酸化しない)が決め手で3年間ずっと買わせていただいてます。
最近リニューアルされましたが食いつきは変わりませんでした。
生まれてから食べさせているのですが、4歳になっても下痢をしたことがないです。
食い付きが良くないときは鰹節やミャウミャウのふりかけパウダーを掛けると食べてくれるのでおすすめです。

グルテン(小麦)が入ってるということでネットでの評価サイトは低めの点数ですが、必ずしもグルテンが入ってなければ良いとは限らないのではと思います。
和の究みは出来るだけ消化に負担をかけないように細かく細かく粉砕されているそうです。
肉だけのフードって脂質が多くなりがちで下痢しかねず、それもまた良くないかと(これは自分の偏見ですが)
要はバランスだと思うので、グルテンアレルギーでなければ気にしなくていいと個人的には思います。

和の究みはバランスのいい栄養配分で、材料も安全性をきちんと管理、パッケージには細やかな品質保持の努力がなされています。(ホームページ見るのが一番ですね)

みなさまの飼っている猫が食べてくれれば、値段的にも続けやすい和の究みをおすすめしたいです。(これからもリピしたいので和の究みが終了しないよう購入者を増やす目論見でレビューしました)

食いつきが良いという口コミがありました。

コスパが良く、愛猫がモリモリご飯を食べてくれるのは飼い主さんも嬉しいポイントですね。

良い口コミ②

リニューアル前のものを食べさせてた時期があったのでまた試してみたくなり購入しました。ミートファーストだし、カロリーは控えめです。

なのですが、入っている乳酸菌との相性なのかうちの2匹の猫のお腹には合わなかったようです。残念です。

もの自身は小袋に分包されて、それにも乾燥剤を入れてるという日本らしい細やかな工夫がされ、いいと思いますし、カツオのいい香りがするので食いつきの悪い猫ちゃんが好んで食べてくれそう。うちの猫達の食い付きもよかったです。

粒が小さいのであまりカリカリ噛むって感じではない形状のフードなのも特徴です。

フードが湿気りにくいという口コミがありました。

JPスタイル 和の究みは、小包装になっているので、フードが劣化してしまうことが少ないよう設計されています。

ただ、小包装と言っても開封後は劣化が進みますので、なるべく早く食べ切るようにしましょう。

良い口コミ③

週刊誌の特集を見てロイヤルカナンの品質に少し不安を覚え、こちらに変えてみたら、猫の食事量が増えました。
それでいて太らないし、毛並みも良くなったような。

少量パッケージなのも、鮮度が良いのかもしれません。

しばらく使ってみます。

毛艶がよくなったという口コミがありました。

バランスの良い成分のキャットフードは、猫ちゃんの健康的な身体や美しい毛並みに効果の期待ができます。

悪い口コミ

悪い口コミ①

うちの子は下痢してしまいました。
合わなかったみたいです。
悪くなさそうでしたが、残念です。

下痢になったという口コミがありました。

猫の体質によって合うフードと合わないフードがある場合がありますので、違うメーカーを試してみるのも良いでしょう。

食物繊維を含んでいない食材が使用されているフードを選べば、軟便予防になります。

また、JPスタイル 和の究みには穀物がメイン原材料として使用されています。

穀物アレルギーを持っている猫もいるので、そういった子にはグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを選びましょう。

悪い口コミ②

鰹の香りが強いので猫的に美味しそうで食いつくんじゃないかと期待しましたが、
2匹中1匹は好き嫌いがある猫で、この商品の食いつきはそこまで良くはなくお腹が空いたらしぶしぶ食べるという感じ。
もう1匹はガツガツと食べます。
国産で下部尿路や毛玉対応、無着色が良くて買いました。小分けになってるのも良いです。

食いつきが悪いという口コミがありました。

猫の好みによって合うフードと合わないフードがある場合がありますので、違うメーカーを試してみるのも良いでしょう。

フードを急に切り替えてしまうと、下痢をしたり嘔吐してしまうことがあるので、10日ほどかけて、毎日少しずつ切り替えていくとフードに猫の体が慣れてくれると思います。

また、ドライキャットフードは、酸化すると匂いが薄くなり、嗅覚が敏感な猫にとっては美味しく感じられなくなり、フードを食べなくなる原因にもなります。

ドライフードを開封した後は、専用の密閉容器に保管したりして、酸化を防止することで食いつきが戻る場合もあります。

JPスタイル 和の究みのまとめ

JPスタイル 和の究みは、肉類・魚介類が使用されており、タンパク質を豊富に含んでいるので、肉食動物である猫にとって好ましいフードといえます。

しかし、肉類が第一原料であることは非常に良いことなのに、ミートミール・チキンミールや削り節ミールが使用されており、少し不安な点が多いと言えます。

良かった点としては、JPスタイル 和の究みは小包装になっているので、フードが劣化してしまうことが少ないよう設計されています。

記事内でもお伝えした通り、猫の体質によって合うフードと合わないフードがある場合がありますので、違うフードやメーカーを試してみるのも良いでしょう。

味の好みにうるさい猫ちゃん用のフードやコスパがいいフードかつ、安心できる品質のフードを探している方は、JPスタイル 和の究みを試してみてはいかがでしょうか?

購入はこちらから↓↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました