懐石キャットフードの評判、口コミを調査!原材料と成分や安全度も解説

キャットフード

ペットショップやスーパーなどで見かけることの多い「懐石」は国産メーカーが製造している知名度があるキャットフードです。

懐石キャットフードは、日本風のお洒落なパッケージや素材の旨みがたっぷり詰まっている和風フードです。

こちらの記事では、懐石キャットフードについて知りたい方向けに、ラインナップや原材料情報、リアルな購入者の口コミなど、購入前に知りたい情報をまとめています。

懐石キャットフードが気になっている方は参考にしてみて下さいね。

まずは結論!懐石キャットフードの総合評価

商品名懐石 キャットフード 2dish 枕崎のかつお節ペア
総合評価4.2
原材料主原料:穀類(とうもろこし/中白糠/コーングルテンミール/小麦粉/ホミニーフィード)、肉類(ミートミール/チキンミール)、魚介類(フィッシュミール/フィッシュパウダー/かつお節/いりこ/かにかまチップ)
3.5
酸化防止剤:酸化防止剤(ローズマリー抽出物)
5.0
人工添加物:着色料(食用黄色5号、食用赤色3号、食用黄色4号、食用青色1号、食用赤色102号、紅麹色素)
4.5
価格・内容量536円/0.8kg(税込み・Amazon参照)
原産国日本
対応年齢対応年齢記載なし。
公式サイト日清ペットフード公式サイトより引用
※原材料欄の主原料、酸化防止剤、人工添加物の評価を全て合算して項目数で割った算出結果を表記。(少数第一位を四捨五入)
※減点方法
基本的に星5つの状態から減点方式として、原材料欄に気になる項目が1つあるごとに-0.5点とします。
例(主原料に穀物の使用、〇〇ミール、合成酸化防止剤、人工添加物の使用・・・-0.5点、)

購入はこちらから↓↓


猫用「懐石キャットフード」とは

ペットショップやスーパーなどで見かけることの多い「懐石」は国産メーカーが製造している知名度があるキャットフードです。

懐石キャットフードは、日本風のお洒落なパッケージや素材の旨みがたっぷり詰まっている和風フードです。

こちらの記事では、懐石キャットフードについて知りたい方向けに、ラインナップや原材料情報、リアルな購入者の口コミなど、購入前に知りたい情報をまとめています。

懐石キャットフードが気になっている方は参考にしてみて下さいね。

「懐石」のラインナップ

懐石は、素材・年齢に合わせたフードの展開やフレーバーの選択肢が多く、幅広い猫に合ったフードを見つけることができます。

また、ドライフードもウェットフードも選択肢が多く、ねこの好みに合わせて与えることもできますよ。

ドライフード

懐石2dish/4dish

懐石4dish

  • 懐石4dish ジャパンコレクション ご当地素材バラエティ
  • 懐石4dishジャパンコレクション 厳選お魚バラエティ
  • 懐石4dish 瀬戸内の小魚バラエティ
  • 懐石4dish 枕崎のかつお節バラエティ
  • 懐石4dish 焼津のまぐろバラエティ
  • 懐石4dish 15歳からの腎臓ケア 枕崎のかつお節バラエティ

懐石2dish

  • 懐石2dish 瀬戸内の小魚ペア ベストセレクション
  • 懐石2dish 海のおいしさ 瀬戸内の小魚ペア
  • 懐石2dish 美食な高齢ねこちゃん用 駿河のまぐろ節ペア
  • 懐石2dish 毛玉ケア 瀬戸内の小魚ペア
  • 懐石2dish 焼津のまぐろペア
  • 懐石2dish 枕崎のかつお節ペア
  • 懐石2dish 駿河のさば節ペア
  • 懐石2dish 五島のいわしペア

懐石ippin

  • 枕崎産かつお節を添えて
  • 焼津産まぐろ節を添えて
  • 瀬戸内産小魚を添えて

ウェットフード

懐石レトルト

  • まぐろ白身 しらすを添えて 魚介だしゼリー
  • まぐろ白身 かにを添えて 魚介だしゼリー
  • まぐろ白身 貝柱を添えて 魚介だしゼリー
  • まぐろ白身 牛肉を添えて 魚介だしゼリー
  • 厳選 まぐろ白身 魚介だしスープ
  • まぐろ白身 しらすを添えて 魚介だしスープ
  • まぐろ白身 ささみを添えて 魚介だしスープ
  • 厳選 かつお白身 魚介だしスープ
  • かつお白身 削り節を添えて 魚介だしスープ

懐石缶

  • まぐろ白身 しらす添え 魚介だしゼリー
  • まぐろ白身 牛肉添え 魚介だしゼリー
  • まぐろ白身 かに添え 魚介だしゼリー
  • まぐろ白身 貝柱添え 魚介だしゼリー
  • 厳選 まぐろ白身 魚介だしスープ
  • まぐろ白身 しらす添え 魚介だしスープ
  • まぐろ白身 削り節添え 魚介だしスープ
  • 厳選 かつお白身 魚介だしスープ

「懐石キャットフード」の成分と原料


「懐石キャットフード」の成分と原料はどのような内容になっているのでしょうか?

例として、Amazonでレビュー数が多かった「懐石 キャットフード 2dish 枕崎のかつお節ペア」の成分と原料について詳しく見ていきます。(※2020年8月末時点での情報です。)

原材料
原材料:穀類(とうもろこし/中白糠/コーングルテンミール/小麦粉/ホミニーフィード)/肉類(ミートミール/チキンミール)/魚介類(フィッシュミール/フィッシュパウダー/かつお節/いりこ/かにかまチップ)/動物性油脂/大豆ミール/オリゴ糖/野菜類(キャベツパウダー/にんじんパウダー/ほうれん草パウダー/かぼちゃパウダー)/ミネラル類(カルシウム/リン/カリウム/ナトリウム/塩素/鉄/銅/マンガン/亜鉛/ヨウ素)/ビタミン類(A/D/E/K/B1/B2/B6/パントテン酸/ナイアシン/葉酸/コリン)/アミノ酸類(メチオニン/タウリン)/食用黄色5号/食用赤色3号/食用黄色4号/食用青色1号/食用赤色102号/紅麹色素/酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

引用:日清ペットフード公式サイト

成分
<重量百分比>
水分(10.0%以下)/たんぱく質(27.0%以上)/脂質(9.5%以上)/粗繊維(4.0%以下)/灰分(9.0%以下)

引用:日清ペットフード公式サイト

保証成分であるたんぱく質や脂質などは表記があったもののカルシウムやマグネシウムなどの成分情報が非公開のため、不明となっています。

もう少し多くの成分値を公開してもらえると安心して愛猫にフードを与えることができますよね。

特に、ミネラルやマグネシウムなど、腎臓ケアが必要な猫ちゃんには、保証成分がしっかり記載してある適正量の成分が含まれているキャットフードを選ぶようにしましょう。

原材料と成分をチェック


懐石は、フレーバーの選択肢が多いものの、メインの原材料が穀物となっているため、肉食動物である猫にとって好ましくないフードといえます。

さらに、肉類(ミートミール/チキンミール)や魚介類(フィッシュミール)が使用されており、少し不安な点が多いと言えます。

また、合成着色料や合成酸化防止剤が使用されていることも不安要素と言えるでしょう。

他にも添加物等で気になる安全度をこの後解説していきます。

購入はこちらから↓↓


「懐石キャットフード」の安全度は?

穀物

原材料欄にはとうもろこし/中白糠/コーングルテンミール/小麦粉/ホミニーフィードの記載があるため、穀物が使用されたフードになっています。

穀物は猫にとって消化が悪い食材なので、穀物類の量が多いのは少し気になるところです。

また、猫には穀物アレルギーを持っている猫もいるので、そういった子にはグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを選びましょう。

コーングルテンミール

コーングルテンミールとはコーングルテンをさらに粉状(ミール)に加工したものです。

コーングルテンはトウモロコシからデンプン(コーンスターチ)を作るときにできる副産物のことです。

コーングルテンはトウモロコシに比べて、たんぱく質含量が高いのが特徴です。

肉類だけでは不足しがちな種類のアミノ酸を含んでいるため、それらを補うために使用されたりもします。

また、肉や魚などの原材料よりも安価に用意できるので、コストダウンにも使用されることがあります。

主原料に使用されている場合は注意が必要ですが、肉や魚、穀物を主原料としている上でコーングルテンミールが使用されている分には安心して猫に与えられるでしょう。

油分

他に気になる成分として、動物性油脂がありました。

表記的に良い脂肪分は「鶏脂、牛脂」など油脂の原材料の名前がしっかりと記載されているものは脂分の質が良いですが、動物性油脂としか記載されていないと、どんな動物の油を使っているのかわかりません。

油分の質によっては、猫の毛艶に影響したり皮膚病の原因にもなりますので注意が必要です。

酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

懐石には、ローズマリー抽出物という酸化防止剤が使用されています。

ローズマリー抽出物は、日本では厚生労働省によって既存添加物として認可されています。

ローズマリー抽出物はIARC(国際がん研究機関)によって発がん性は確認されていません。

猫に対して長期的に与えた場合の安全性や危険性に関してはよくわかっていないのが現状です。

着色料(食用黄色5号、食用赤色3号、食用黄色4号、食用青色1号、食用赤色102号、紅麹色素)

懐石には、食用黄色5号、食用赤色3号、食用黄色4号、食用青色1号、食用赤色102号、紅麹色素という合成着色料が使用されています。

着色料がなぜ使用されているのかというと、人間が美味しく見える為であり、犬や猫は色付きのフードを見ても嗜好性は上がりません。

つまり、人間が美味しそうだと思って愛犬や愛猫に買い与えるための購買意欲を向上させるためだけにフードに色付けされているので、本来不要な添加物となっています。

合成着色料の中には、発がん性物質が含まれているものもあり、ヒトに対する発がん性が否定されていないことから、猫にも同様のリスクがありますのでなるべく摂取しないことが望ましいでしょう。

「懐石キャットフード」の保管方法は?


キャットフードは開封後は品質劣化してしまうため、ひと月程度で食べ切れる量が好ましいでしょう。

特にドライキャットフードは、酸化すると匂いが薄くなり、嗅覚が敏感な猫にとっては美味しく感じられなくなり、フードを食べなくなる原因にもなります。

また、酸化すると苦味や酸味が強くなります。

特に苦味が強くなると猫はフードを食べなくなる場合が多いです。

懐石キャットフードは、小包装になっているので、フードが劣化してしまうことが少ないよう設計されています。

ただ、小包装と言っても開封後は劣化が進みますので、なるべく早く食べ切るようにしましょう。

猫用ドライフードは、開封後は品質劣化してしまうため、専用の保存容器や密閉容器に入れて保存するのがオススメです。

キャットフードの保管に関してのおすすめ記事はこちらから↓↓

キャットフードのドライフード・ウェットフード別に開封前・開封後の正しい保存方法を解説
「猫を飼っているけど、キャットフードの保管方法が分からない。」 「猫を飼っているけど、最近食いつきが悪くて困っている。」 あなたは今、そうお悩みではありませんか...

「懐石キャットフード」の口コミ・評判

良い口コミ

良い口コミ①

3匹の猫がいます。
タイムセールで安かったので、試しに買ってみました。
かつお節の香りのせいか、3匹ともすごい食いつきっぷり。あっという間になくなってしまいました。
2種類入ってますが、どちらも気に入ったようです。

脱酸素剤の存在に最初気付かず、フードと一緒にあげちゃってました。幸いにも猫達は食べたり舐めたりしていなかったようです。危なかった…。
個包装の袋の内側に脱酸素剤をくっ付けといてもらえたらなぁーと思いましたが、それを上回る食いつきです。

リピ決定!

食いつきが良いという口コミがありました。

コスパが良く、愛猫がモリモリご飯を食べてくれるのは飼い主さんも嬉しいポイントですね。

良い口コミ②

三匹の猫を飼っていますが、一袋ずつに分かれて10袋入っているので、最後まで湿気たりせずに与えられるので、カリカリはこのシリーズ一択です。味も気に入ってくれているので、全種類よく食べてくれます。

フードが湿気りにくいという口コミがありました。

懐石キャットフードは、小包装になっているので、フードが劣化してしまうことが少ないよう設計されています。

ただ、小包装と言っても開封後は劣化が進みますので、なるべく早く食べ切るようにしましょう。

悪い口コミ

悪い口コミ①

子猫2匹のうち1匹が胃腸が弱いのか、これを食べると軟便になる。
非常に好き嫌いの多い子達が珍しくガツガツ食べてくれるフードなのでとても残念だが仕方ないです。
大人しくメディファスに戻します。

軟便になったという口コミがありました。

猫の体質によって合うフードと合わないフードがある場合がありますので、違うメーカーを試してみるのも良いでしょう。

食物繊維を含んでいない食材が使用されているフードを選べば、軟便予防になります。

また、「懐石キャットフード」には穀物がメイン原材料として使用されています。

穀物アレルギーを持っている猫もいるので、そういった子にはグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを選びましょう。

悪い口コミ②

食いつきよくて猫のお気に入りでした。でも小魚がたくさん入ってますが
全部は与えないほうがよいと思います。ストラバイト結晶になってしまいました。
いまは療法食しか食べれなくなってしまいました。他にもちゅーるを与えていたので
この商品だけのせいではないと思いますが。結石に配慮したフードと混ざて与えるなど気を
つけて与えるべきだと思います。

内臓に負担がかかったという口コミがありました。

「懐石キャットフード」は、魚を使用していることが多いフードなので、腎臓や内臓に負荷がかかりやすいです。

腎臓に病気のある猫・高齢の猫には病気を進行させてしまったり、腎臓に負担がかかってしまうため、不向きのフードになっています。

腎不全の猫には、タンパク質は30%以下のフードを与えるのが良いでしょう。

悪い口コミ③

食べなくなったという口コミがありました。

猫の好みによって合うフードと合わないフードがある場合がありますので、違うメーカーを試してみるのも良いでしょう。

フードを急に切り替えてしまうと、下痢をしたり嘔吐してしまうことがあるので、10日ほどかけて、毎日少しずつ切り替えていくとフードに猫の体が慣れてくれると思います。

また、ドライキャットフードは、酸化すると匂いが薄くなり、嗅覚が敏感な猫にとっては美味しく感じられなくなり、フードを食べなくなる原因にもなります。

ドライフードを開封した後は、専用の密閉容器に保管したりして、酸化を防止することで食いつきが戻る場合もあります。

懐石キャットフードのまとめ

懐石キャットフードは、フレーバーの選択肢が多いものの、メインの原材料が穀物となっているため、肉食動物である猫にとって好ましくないフードといえます。

さらに、肉類(ミートミール/チキンミール)や魚介類(フィッシュミール)が使用されており、少し不安な点が多いと言えます。

よかった点としては、懐石キャットフードは小包装になっているので、フードが劣化してしまうことが少ないよう設計されています。

記事内でもお伝えした通り、猫の体質によって合うフードと合わないフードがある場合がありますので、違うフードやメーカーを試してみるのも良いでしょう。

魚がメインのキャットフードが好みの猫ちゃんや味の好みにうるさい猫ちゃん用のフードを探している方は、懐石キャットフードを試してみてはいかがでしょうか?

購入はこちらから↓↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました