猫の保険の基本知識やメリット・デメリット、ペット保険を選ぶ際に大切にしたいポイントを解説

豆知識

「猫の保険には加入すべきなのかわからない。」

「猫を飼っているけど、いつ保険に入ろうか迷っている。」

あなたは今、そうお考えではありませんか。

猫の保険には加入すべきなのかわからない方や猫を飼っているけど、いつ保険に入ろうか迷っている方に向けての記事になります。

猫と暮らす上で必要になるかもしれない保険について、現役の猫の下僕が解説していくよ!!

今回は、猫と暮らす上で必要になるかもしれない保険についてまとめました。

ペット保険の一括見積もりサイトはこちらから↓↓

ペット保険の一括見積もりサイトはこちら

猫の保険についての基本知識


ペットには、公的な健康保険精度は用意されていません。

そのため、医療費は自由診療となり、万が一病気や事故で入院や手術などが必要な場合には、高額の医療費がかかる可能性があります。

人間は生まれたら健康保険制度に入れるので、猫たちにも同じようにお金のことを気にせず「より良い治療」を受けさせてあげたい方は保険に入られる場合が多いです。

猫のペット保険とは?

猫のペット保険は加入した飼い主が、毎月または年一括で保険料を支払うことで、動物病院での診療費の一部が保険金として補償されるものです。

保険金の請求方法は、「窓口清算」「立替清算」の2通りがあります。

保証内容

保険会社や保険商品によっても異なりますが、基本的なペット保険の補償対象は主に次の3つです。

  • 通院
  • 入院
  • 手術

ただし、下記のように保険の対象外の診療などもありますので、注意・理解が必要です。

  • 不妊、去勢手術
  • ワクチン・予防接種
  • 健康診断・定期検診
  • 爪切り、耳掃除、校門絞りなど

これらに加えて、先天性疾患も対象外になることが多いので、注意が必要です。

詳しい補償内容・対象外の診療は保険会社や保険商品によって異なるので、必ず確認しましょう。

普及率はどのくらい?

ではどのくらいの人がペット保険に加入しているのでしょうか。

様々な調査媒体から数値が出されていますが、日本でのペット保険の加入率は10%以下とされており、大体6%程度と言われています。

ちなみに海外での加入率は、ペット先進国のイギリスでは20%以上、スウェーデンにいたっては80%と高い割合で加入していることがわかっています。

海外の加入率と比べても日本はまだまだ低い水準となっていますが、コロナ渦中でペットを新しくお迎えした人も多いというニュースを聞きます。

今後ペットと一緒に暮らす上でペット保険の必要性やメリットを感じている飼い主が増えていると考えられます。

そんなペット保険に加入するか検討中の方向けに、具体的なメリットやデメリットをこのあと解説します。

ペット保険の一括見積もりサイトはこちらから↓↓

ペット保険の一括見積もりサイトはこちら

ペット保険のメリット

①急な病気や怪我に備えられる

どれだけ飼い主さんが注意していても、猫の病気やケガは起きる可能性があります。

おもちゃの誤飲、高いところからの着地による骨折など、病気だけでなく予期せぬ事態が起こることも考えられます。

ペット保険はそういったときに安心できる備えになります。

急な事態でも、ペット保険で備えていると安心です。

②高度な医療を選択できる可能性が広がる

病気によっては、医療費が高くなりがちな高度な治療をする必要のある場合があります。

また、治療方法が複数提示され、ペット保険に入っていることで治療方法の選択肢が増える可能性もあります。

ペット保険に入っていることで金銭的な負担が軽くなり、治療の選択肢の幅が広がる可能性もありますのでそういった場合にメリットを感じることもあります。

③プランが選べる

ペット保険には、「50%プラン」「70%プラン」など、様々なプランがあります。

例えば「70%プラン」は、いわゆる「3割負担」で、かかった診療費の70%を、あらかじめ決められた限度額の範囲内でペット保険会社側が補償するプランです。

ちなみに補償割合が高いほど、月々の保険料も高くなります。

ペット保険のデメリット

①掛け捨てが多い

ペット保険は掛け捨て型がほとんどです。

掛け捨て保険とは、支払った保険料が返って来ない保険商品のことを指します。

そのため掛け捨て保険は、契約した保険期間を満了すると保障はなくなり、保険料は戻ってきません。

ちなみに人間の生命保険には、掛け捨て型以外にも貯蓄型もあります。

②年齢が上がるほど保険料が上がる

猫は、人間と同じで、年齢を重ねると病気のリスクが高まります。

そのため、年齢が上がるほど保険料が上がる仕組みになっています。

保険料は加入時のままではなく、更新時の年齢で上昇します。

何歳でどれくらい上がるのかをあらかじめ確認してから加入するのがおすすめです。

さらに、仮に5年、10年間保険に加入したらいくらかかるのかも考えた上で加入すると、金銭的にも精神的にも安心して保険加入ができると思います。

③加入後の一定期間は補償の対象外

保険に加入してすぐに保険が適応されない場合があります。

加入直後一定の期間補償の対象外となる「待機期間」というものが設けられている保険会社によって設定があります。

加入前に確認するか、待機期間のない保険会社・プランを選択するのも一つの手です。

④慢性疾患・特定の病気は補償対象外になる可能性も

こちらはあまり知られていないことも多いですが、実はペット保険では先天性疾患や慢性疾患・特定の病気の補償が対象外となる場合があります。

先天性疾患の場合、ペット保険会社によって異なりますが、保険加入後に先天性疾患が発見・発症された場合は補償の対象となったり、加入中の保険期間は補償を受けることができても、翌年度の契約更新を断られたり、翌年度から補償の対象外とされる保険会社もあります。

また、慢性疾患や、特定の病気の保険金請求が続いたりしても先天性疾患と同様に、加入中の保険期間は補償を受けることができても、翌年度の契約更新を断られたり、翌年度から補償の対象外とされる保険会社もあります。

せっかく保険に加入していても、いざというときに、保険金が支払われない・保険に加入した意味がないというケースもあります。

こういったことを防ぐためにも、ペット保険会社の重要事項説明書や保険約款などで、あらかじめ確認しておくことが重要です。

よく分からない場合や不安な場合は、ペット保険会社へ直接問い合せてみると良いでしょう。

愛猫家が考えるペット保険を選ぶ際に大切にしたいポイント

①保険に加入する目的を明確にする

なんとなく保険に加入するのではなく、目的を明確にすることで保険のプランを絞りやすくなります。

目的としては大きく分けて、①日頃の風邪や小さな怪我でも通院を気軽にしたい②万が一の病気や怪我の時の高額治療費のために備えたい
などがあります。

また、ペット保険には、「50%プラン」「70%プラン」など、様々なプランがあります。

例えば「70%プラン」は、いわゆる「3割負担」で、かかった診療費の70%を、あらかじめ決められた限度額の範囲内でペット保険会社側が補償するプランです。

ちなみに補償割合が高いほど、月々の保険料も高くなります。

「多少保険料が高くなってもいいから自己負担額は3割負担・あるいは0円にしたい」

「5割負担やある程度の自己負担はあってもいいので、その分毎月の保険料を抑えたい」

など、飼い主さんの希望に合わせてプランを検討すると良いでしょう。

②加入できる上限年齢を知る

ペット保険に加入できる年齢範囲は、0歳から10歳程度までとなっているところが一般的です。

年齢の上限の設定は、ペット保険会社によってさまざまなので10歳以上の高齢のペットでも加入できる保険もあります。

また、契約を継続する場合は18歳や20歳までや終身という保険商品もあります。

よく分からない場合や不安な場合は、ペット保険会社へ直接問い合せてみると良いでしょう。

人間と同じように、猫も高齢になると若いときより腎臓病や心臓病など病気にかかりやすくなり、入院や手術のリスクも高まると考えられます。

一度病気になってしまうと加入できない・もしくは補償対象外となってしまう場合もあるので、早めに検討するのがおすすめです。

③慢性疾患・特定の病気は補償対象かどうか確認する

こちらはあまり知られていないことも多いですが、実はペット保険では先天性疾患や慢性疾患・特定の病気の補償が対象外となる場合があります。

先天性疾患の場合、ペット保険会社によって異なりますが、保険加入後に先天性疾患が発見・発症された場合は補償の対象となったり、加入中の保険期間は補償を受けることができても、翌年度の契約更新を断られたり、翌年度から補償の対象外とされる保険会社もあります。

また、慢性疾患や、特定の病気の保険金請求が続いたりしても先天性疾患と同様に、加入中の保険期間は補償を受けることができても、翌年度の契約更新を断られたり、翌年度から補償の対象外とされる保険会社もあります。

せっかく保険に加入していても、いざというときに、保険金が支払われない・保険に加入した意味がないというケースもあります。

こういったことを防ぐためにも、ペット保険会社の重要事項説明書や保険約款などで、あらかじめ確認しておくことが重要です。

よく分からない場合や不安な場合は、ペット保険会社へ直接問い合せてみると良いでしょう。

ペット保険の一括見積もりサイトはこちらから↓↓

ペット保険の一括見積もりサイトはこちら

愛猫家が考えるペット保険のおすすめランキング

猫のペット保険人気8選【2021年最新版】愛猫家のおすすめは?
「初めて猫を飼うけど、ペット保険はどれを選べば良いかわからない。」 「猫を飼っているけど、愛猫家おすすめの保険が知りたい。」 あなたは今、そうお考えではありませ...

猫の保険についての基本知識、ペット保険のメリットデメリット、ペット保険を選ぶ際に大切にしたいポイントのまとめ

猫の保険についての基本知識、ペット保険のメリットデメリット、ペット保険を選ぶ際に大切にしたいポイントについては以下のまとめを参考にしてください。

  • ペットには、公的な健康保険精度は用意されていないため、医療費は自由診療となる。万が一病気や事故で入院や手術などが必要な場合には、高額の医療費がかかるリスクに備えて保険がある。
  • ペット保険のメリットは、
    ①急な病気や怪我に備えられる
    ②高度な医療を選択できる可能性が広がる
    ③プランが選べる。
  • ペット保険のデメリットは、
    ①掛け捨てが多い
    ②年齢が上がるほど保険料が上がる
    ③加入後の一定期間は補償の対象外④慢性疾患・特定の病気は補償対象外になる可能性も。
  • 愛猫家が考えるペット保険を選ぶ際に大切にしたいポイントは、
    ①保険に加入する目的を明確にする
    ②加入できる上限年齢を知る
    ③慢性疾患・特定の病気は補償対象かどうか確認する。

ペット保険の一括見積もりサイトはこちらから↓↓

ペット保険の一括見積もりサイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました