愛猫の遺骨はどうする?猫の供養方法やお墓、最近の葬儀事情について解説

豆知識

「初めて猫を飼うけど、ペットの供養やお墓のことがわからない。」

「前に先住猫を看取ったことはあるけど、最近の葬儀事情が知りたい。」

あなたは今、そうお考えではありませんか。

ペットの供養やお墓のことがわからない方や最近の葬儀事情が知りたい方に向けての記事になります。

猫と暮らす上で必要になる供養やお墓について、現役の猫の下僕が解説していくよ!!

今回は、猫と暮らす上で必要になる供養やお墓についてをまとめました。

口コミ評判No.1に選ばれた納骨堂

ゆめみどうの公式サイトはこちらから↓↓

公式サイトはこちら

ペット葬について


一昔前は、ペットの埋葬や供養の方法として自宅の庭に埋葬してあげるのが一般的とされていました。

現代では、ペットは家族の一員としての意識が強くなってきていて、手厚く供養しお墓に埋葬するという方法がポピュラーになってきています。

ペットの供養、埋葬方法は、ご家庭が一戸建て住宅か、アパート、マンションなどの集合住宅かによっても変わってきますので、今回は様々な供養・埋葬方法を紹介していきます。

供養・埋葬方法

自宅の庭で供養

一昔前は、ペットの埋葬や供養の方法として自宅の庭に埋葬してあげるのが一般的とされていた方法です。

自宅が一軒家で庭付きの家に住まれている方向けの方法となります。

骨壺のまま埋めるので、土に還りやすいよう、ある程度細かく割って埋めるようにしましょう。

また、庭のどこに埋めたかが分かるように、墓石等を立てて目印にしておきましょう。

自宅の仏壇で供養

自宅がアパートやマンションなどで、庭がない場合には、仏壇で供養する方法もあります。

仏壇で供養する場合には、人間の仏壇と同じ様に写真を遺影として飾ったりしている方も多いので、お気に入りの写真を飾るのも良いでしょう。

近年は、自宅で供養される需要も多く、「供養セット」なども販売されていますので、気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

お寺で供養

ペットの供養を実施しているお寺というのも増えてきています。

納骨をするには、お墓に埋葬するのと、納骨堂で供養してもらう2つのパターンがあります。

お墓に埋葬する場合には、個別墓と合同墓の2つから選ぶパターンが多いです。

お寺で供養してもらう1番のメリットは、毎日きちんとお経をあげてもらえるので、飼い主さんもペットも安心しやすいということです。

デメリットは、やはり費用がかかるのが一番のデメリットです。

合同墓で供養してもらう場合は、1〜5万円程度、個別墓で供養してもらう場合は、15〜30万円程度が相場と言われています。

ペット霊園で供養

ペット霊園で供養してくれるところも増えてきています。

納骨をするには、お墓に埋葬するのと、納骨堂で供養してもらう2つのパターンがあります。

お墓に埋葬する場合には、個別墓と合同墓の2つから選ぶパターンが多いです。

ペット霊園で供養してもらう1番のメリットは、管理がしっかりされているので、掃除などの手間が省けます。

デメリットは、やはり費用がかかるのが一番のデメリットです。

年間管理料は1〜3万円程度の相場なので、コンスタントに料金が発生します。

ペットと一緒の墓に供養

最近では、人間とペットが一緒の墓に入る方も多いです。

まだメジャーではないため、霊園やお寺でも限られた場所でしかできませんが、家族として大切にしてきたペットと一緒にお墓に入れるのは嬉しいですよね。

また、完全に一緒の墓ではないにしても、同じ敷地内で供養してもらえる場合もあるので、気になった方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

口コミ評判No.1に選ばれた納骨堂

ゆめみどうの公式サイトはこちらから↓↓

公式サイトはこちら

散骨・樹木葬などその他の方法で供養


自然散骨や樹木葬などその他の方法で供養するパターンも増えてきています。

自然散骨

自然散骨であれば、海洋散骨や山林散骨など、ペットとの思い出の場所や飼い主さんのお気に入りの場所に散骨するのも良いでしょう。

日本の法律でも、散骨に関しての法規制はありませんが、最低限のマナーは守る様にしましょう。

例えば、骨を粉砕せずに土に埋めると、他の動物が掘り起こしてしまったり、人骨と間違えて事件の様な騒ぎになってしまう可能性があります。

また、骨を粉砕せずに土に埋めると、分解されるまでに5〜10年ほどの年月を要するため、上記の様なことが起こりやすいです。

散骨する際には、きちんとパウダー状に砕いてあげてから散骨する様にしましょう。

自分の手で用意することが難しければ、業者も多数ありますので利用してみてはいかがでしょうか。

樹木葬

樹木葬は、墓跡の代わりに、木(シンボルツリー)を植えて埋葬する方法です。

樹木葬は自然に還るイメージが強いため、死してなおペットには野山を自由に駆け巡ってほしいと考える人には、ぴったりの葬法と言えますね。

樹木葬でも人間とペットが一緒に埋葬できる施設もあります。

まだメジャーではないため、霊園やお寺でも限られた場所でしかできませんが、家族として大切にしてきたペットと一緒にお墓に入れるのは嬉しいですよね。

また、完全に一緒の墓ではないにしても、同じ敷地内で供養してもらえる場合もあるので、気になった方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

猫の供養やお墓、最近の葬儀事情についてのまとめ

猫の供養やお墓、最近の葬儀事情については以下のまとめを参考にしてください。

  • 現代では、ペットは家族の一員としての意識が強くなってきていて、手厚く供養しお墓に埋葬するという方法がポピュラーになってきている。
  • 供養・埋葬方法には、自宅の庭、自宅の仏壇、お寺、ペット霊園、ペットと一緒の墓、散骨・樹木葬などその他の方法がある。

    口コミ評判No.1に選ばれた納骨堂

    ゆめみどうの公式サイトはこちらから↓↓

    公式サイトはこちら

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました